[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1年前から想い続けた夢 川村優佳、「3年生で優勝」を誓った最後の夏に流した涙

涙に濡れた、最後の夏になった。全国高校総体(インターハイ)は女子400メートル障害決勝で川村優佳(3年=日大桜丘)で中盤にハードリングでミスが出て7位。2年連続入賞を果たしたが、狙っていた夏の日本一は叶わず。レース後は「今はとにかく、悔しくて……」と泣き崩れた。津川瑠衣(3年=八王子学園八王子)が58秒14で優勝した。

女子400メートル障害で7位となった川村【写真:荒川祐史】
女子400メートル障害で7位となった川村【写真:荒川祐史】

まさかの7位、悔し涙を流した3年生がこの夏にかけた想い

 涙に濡れた、最後の夏になった。全国高校総体(インターハイ)は女子400メートル障害決勝で川村優佳(3年=日大桜丘)で中盤にハードリングでミスが出て7位。2年連続入賞を果たしたが、狙っていた夏の日本一は叶わず。レース後は「今はとにかく、悔しくて……」と泣き崩れた。津川瑠衣(3年=八王子学園八王子)が58秒14で優勝した。

 どれほど「動け」と願っても、体はついてこなかった。川村は前半から快調に飛ばし、上位を争った。しかし――。「7台目から8台目の切り替えで逆足が散らばってしまった」。フォームが崩れて失速。最後の直線も必死に立て直そうとしたが、差は詰まらず。7位でフィニッシュした。「今はとにかく、悔しくて……」。レース後、こみ上げてくる涙を抑えることはできなかった。

 1年前の夏、三重で誓いを立てた。昨年は2年生ながら決勝進出。8位入賞した。「3年生になって絶対、優勝する」。そのために努力を惜しまなかった。春から夏に向け、過酷な走り込みを敢行。顧問、同期が一緒に走ってくれた。「隣で走っているみんなを全国のライバルに置き換えて走り込んだ」。結果で恩返しがしたかった。だから、想いは誰より強かった。

 折れそうな時もあった。冬季練習、目標を高く置いたばかりに「練習しよう」が「練習しなくちゃ」と義務感に変わった。小さな意識の変化が、大きな心の重荷になった。まして冬場の地道な練習。「走るのが嫌になってしまった。でも、走らないと来年、勝てないから……」。プレッシャーに押し潰されそうになった時、救ってくれたのが、2年半、苦楽を共にしてきた仲間だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集