[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1年前はモップ係で見たコート 桑名工が立った夢の全国で「諦めなかった60分間」

全国高校総体(インターハイ)は4日、熊本でハンドボールが開幕し、男女の1回戦32試合が行われた。初出場の桑名工(三重)は、インターハイ優勝経験を持つ小林秀峰(宮崎)に18-33で敗れ、全国初陣を飾ることができなかった。

初出場の桑名工は小林秀峰に18-33で敗れた【写真:山田智子】
初出場の桑名工は小林秀峰に18-33で敗れた【写真:山田智子】

インターハイV経験持つ小林秀峰に18-33で敗戦、全国初陣飾れず

 全国高校総体(インターハイ)は4日、熊本でハンドボールが開幕し、男女の1回戦32試合が行われた。初出場の桑名工(三重)は、インターハイ優勝経験を持つ小林秀峰(宮崎)に18-33で敗れ、全国初陣を飾ることができなかった。

 いきなり全国大会の洗礼を受けた。ミスから速攻から4連続失点を喰らい、開始5分で0-4と追いかけるスタートになる。「走り合う展開」に持ち込みたかった桑名工だったが、「体格、スピード、シュート力、全てが想像していた以上でした。選手たちもそれを感じ取って、前半は足が止まってしまった。相手と勝負できず、点差が離れてしまった」(長谷川将規監督)。タイムアウト後は7メートルスロー、速攻の連続得点で粘るも、8-18と2桁ビハインドで前半を終える。

 後半は変則ディフェンスで相手のリズムを崩し、横田滉希の速攻やサイドシュートなど、スピードを生かした攻撃で持ち味を発揮し始める。しかし、小林秀峰はセットオフェンスと速攻を織り交ぜ、着実に加点。点差を縮めることができず、18-33で初めてのインターハイを終えた。

「ビデオを見て対策していたより、もっと上のレベルのハンドボールをされて、全然歯が立たない状況でした。相手のバックプレーヤーにバチバチに当たろうと話していたんですが、身体が大きくて受け止めるのに精一杯でバチバチに行けなかった。戻りを徹底しようと言っていたんですが、走られまくってしまった」。6得点を挙げた横田は自分たちのハンドボールができなかったと悔やんだ。

 それでも指揮官の表情は晴れやかだった。

「どういう展開になっても、60分間諦めずに、しっかりとハンドボールをして戦おうと送り出しました。選手たちはそれを実行してくれて、60分間戦ってくれたので、今は満足感に浸っています」

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集