[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1年前はモップ係で見たコート 桑名工が立った夢の全国で「諦めなかった60分間」

桑名工は「60分間諦めず」に戦い抜いた【写真:山田智子】
桑名工は「60分間諦めず」に戦い抜いた【写真:山田智子】

昨年の三重インターハイは誘導員、モップ係で参加「意識が変わりました」

 地元三重県で開催された昨年のインターハイは、県予選で3位に終わり大会への出場は叶わなかったが、駐車場の誘導やモップ係を務めるなどスタッフとして参加した。「全国大会を身近で見られて、あの選手のプレーはこうだったとか会話から変わってきた。全国という場に現実味が出てきたというか、意識が変わりました」。選手の目線が高くなったことが、全国初出場につながった。

 インターハイ出場が決まって以降は、洛北、関東第一など全国出場校との練習試合を重ねてきた。「正直、ほとんど勝てませんでしたが、それでも諦めずにやってきたことが、今日の60分戦えた姿につながったと思います」。長谷川監督は全国のレベルに挑戦し続けたことが、次のチーム力になると強調する。「この悔しさは下級生たちが引き継いで頑張ってくれると思います。僕たちが強くなることで三重県のレベルが上がってくる。2年後には三重国体があるので、県内の高校と切磋琢磨しながら、少年のレベルアップに貢献していきたい」。

 試合後のミーティングで号泣していた横田。「創部初の全国大会で、歴史を作れてうれしかったんですけど、一つ勝ててたら、さらに歴史を変えられたので、そこは悔しいですね。まだ国体が残っているので、しっかり予選を勝ち抜けるよう、サイドシュートのレベルアップをしていきたい」。涙はもう乾いていた。全力で挑んだほろ苦い夏の経験は、桑名工業セブンをもう一段強くした。

(山田 智子 / Tomoko Yamada)

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集