[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福岡第一が3年ぶりインハイV 最多得点のPG河村勇輝「目標は2冠。これを通過点に」

全国高校総体(インターハイ)のバスケットボール競技は、2日にサンアリーナせんだいで最終日を迎え、男子決勝は、福岡第一(福岡)が107-59で北陸(福井)を破り、3年ぶり3度目の優勝を飾った。

チーム最多の得点を挙げた、ポイントガードを務める河村勇輝【写真:平野貴也】
チーム最多の得点を挙げた、ポイントガードを務める河村勇輝【写真:平野貴也】

北陸を破り3度目の優勝、堅守速攻をけん引した河村「素直に嬉しいですね」

 全国高校総体(インターハイ)のバスケットボール競技は、2日にサンアリーナせんだいで最終日を迎え、男子決勝は、福岡第一(福岡)が107-59で北陸(福井)を破り、3年ぶり3度目の優勝を飾った。

 福岡第一でチーム最多の得点を挙げたのは、ポイントガードを務める河村勇輝(3年)。得意の高速ドライブで会場を沸かせ、攻撃の起点となってアシストをするだけでなく、自らもゴールへ切り込んで得点を挙げた。前日に行った準決勝までは、慎重になっていた部分があったという。決勝に進出したチームが所属する都道府県には、冬の日本一決定戦である全国高校選手権(ウインターカップ)の出場枠が与えられるためだ。

 しかし、決勝は「準決勝までは、自分はギアを上げている感じじゃなかった。井手口孝コーチからも『今日はMAXで行け』と言われていたし、チームメイトには『今日は前半から飛ばしていくので、ついてきて』と言っていた」と話したとおり、チームスタイルである堅守速攻のけん引役として、高速アタックを仕掛けた。

 この大会のタイトルは、どうしてもほしかった。1年次は、先輩からポジションを取り切れず、プレータイムが短かった。1年の冬にブレイクし、2年次には主力となっていたが、同時期に活動していた世代別日本代表に招集されたため、インターハイに出場することができなかった。2年の冬にウインターカップは制したが、この大会のタイトルだけは、持っていなかったからだ。

「素直に嬉しいですね」

 表彰式、閉会式、記念写真撮影と試合後に長い時間を経たこともあるのだろうが、河村は、安堵の表情を浮かべた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集