[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1年前は3回戦敗退も、転級して「2冠」へあと2勝… 選抜王者の快進撃再び

全国高校総体(インターハイ)のボクシングは1日、宮崎市総合体育館で各階級の準々決勝が行われ、バンタム級では選抜大会との2冠を狙う松本敬人(3年=愛媛・松山工)が、判定勝ちでベスト4進出を決めた。

判定勝ちでベスト4進出を決めた松本敬人【写真:角野敬介】
判定勝ちでベスト4進出を決めた松本敬人【写真:角野敬介】

インターハイボクシング、バンタム級準々決勝は選抜Vの松本が4強

 全国高校総体(インターハイ)のボクシングは1日、宮崎市総合体育館で各階級の準々決勝が行われ、バンタム級では選抜大会との2冠を狙う松本敬人(3年=愛媛・松山工)が、判定勝ちでベスト4進出を決めた。

 急成長ぶりに本人の実感が追いついていない。第1シードで臨んでいる松本が完勝で4強入り。試合後は「ホッとしてます」と胸をなで下ろしていた。

 3月の選抜大会で優勝。一躍脚光を浴び、今大会も第1シード。だが計り知れない重圧に押しつぶされそうになっていた。「プレッシャーは感じています。いつもの全国大会とは違う。第1シードということは勝って当たり前、という目で見られますよね…」。なんとも弱気だが、それも仕方ない。

 選抜大会で頂点に立つまで、主要大会ではベスト16が最高。昨年のインターハイも3回戦で敗れていた。転機は階級変更だ。

 選抜大会から2階級上げて、バンタム級(56キロ以下)へと移った。ライトフライ級(49キロ以下)と比べると、リミットでは実に7キロ増だったが、「減量が楽になって」(松本)快進撃が始まった。

 バンタム級では小柄で、相手は自分よりも大きい選手ばかり。「パンチ力のある選手ばかりです」とビビるが、「スピードで勝負できる」と活路を見出した。

 将来について、プロは?と聞くと「それはちょっと…」と松本。決してエリートコースを歩んできたわけではない3年生は「1戦1戦頑張るだけです」と控えめに意気込んだ。

◇インターハイのボクシングは7月29日から8月3日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集