[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【サッカー】東福岡、179センチ“10番”が190センチFW封じる 交代に追い込み「気持ちよかった」

篠田は相手のキーマンを封じる活躍で守備的な新しい「10番」像を確立した【写真:平野貴也】
篠田は相手のキーマンを封じる活躍で守備的な新しい「10番」像を確立した【写真:平野貴也】

守備的な新しい「10番」像を確立

 元々、身体能力が高く、自分よりも大きな相手にも負けない。東福岡には空中戦が自慢の長身選手もいるが、篠田は負けない。ただ、自身の特長が攻撃の中心をイメージさせる「10番」と噛み合わないことに悩んだ時期があるという。

 一定以上のスキルは備えているが、技術やスピードでゴールをこじ開ける役割より、中盤で戦う方が輝く印象はある。篠田は「最初は、どうしたら良いか悩んだ。自分に求められていることは何だろうとか考えた。県予選が終わって、どうやってチームを引っ張るのか、ハッキリしてきた。今日応援に来てくれた(藤川)虎太朗君からも(無料通話アプリの)LINEで『今までの10番は気にしなくていいから、お前ができることで引っ張れ』と言ってくれた」と明かした。

 藤川は、2年前の10番だ。2年次の2015年にインターハイ、全国高校選手権の2冠達成に貢献。現在は、ジュビロ磐田に所属するプロ選手。藤川は、篠田について「10番だからと気にすることはなくて、自分の持ち味を出せば良い。オフェンシブでないなら、チームのために目立たない黒子的な存在でやっていけば、見ている人は見てくれているもの。自分も今は磐田で試合に出られていないけど、今の状況を楽しんで、次のチャンスでどこまで一気にジャンプできるか、楽しみにして、ギラギラやっていると話した」と後輩に送ったメッセージを明かした。

 人は見かけによらぬもの。大きく見えなくても空中戦に強く、10番だが守備的で「意外な」篠田の素晴らしさは、試合を見た者には確実に伝わった。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集