[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中学時代はオール5も経験 早大本庄3年生・森田陽樹の心がけ「授業中に寝ない」の効果

オンオフ切り替えの手段が勉強&部活「ゲームや音楽ではない」

 勉強をすることで、部活に生きることは「きっとあると思います」と言う。

「やっぱり、オンとオフの切り替えが凄くはっきりできるのが勉強。部活をずっとやっていても疲れてしまう時もあるし、勉強も勉強で疲れてしまう時もある。両方を頑張ることで、2つを良い具合に力を高められるかなって」

 普通の高校生なら“切り替え”の手段として、部活以外はゲームや音楽に没頭したっていい。しかし、森田は「中学時代に全中に出られず、早大本庄でインターハイに出たいと思って来た。だから、ゲームや音楽ではなく、部活と勉強と決めている」と明かす。

 強い覚悟で両立に励み、辿り着いたのが、この夏のインターハイ。

 実は、早大本庄陸上部で400メートル障害をしていた2つ上の兄で、現在は早大の創造理工学部に2年生として通う浩紳さんが高3夏、コロナ禍でインターハイが開催されず、目指すことすらできなかった舞台でもあった。

「兄も徳島まで応援に来てくれたし、いろんな先輩方も来てくれた。そういう部分でも、エンジの『W』がインターハイで見せられて凄く嬉しかったです」

 卒業後は早大に内部進学し、競技を継続する予定。理系学部を希望している。「大学も2つのバランスを取りながら、自分を高めていきたい」と森田。学び舎を「都の西北」に移しても、文武両道の日々は続く。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集