[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「これは洛南の2連覇確定だな」 400mリレー日本一の裏で陸上名門校がSNSで触れた重圧

陸上の全国高校総体(インターハイ)第3日は5日、徳島の大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで行われ、男子4×100メートル決勝で洛南(京都)が大会新記録の39秒71で連覇を達成。アンカーを務めた主将の大石凌功(3年)は、V2の裏に王者の重圧と葛藤があったことを明かした。

男子4×100メートルリレーで連覇を達成した洛南(左から田村莉樹、南本陸斗、山本嶺心、大石凌功)【写真:荒川祐史】
男子4×100メートルリレーで連覇を達成した洛南(左から田村莉樹、南本陸斗、山本嶺心、大石凌功)【写真:荒川祐史】

インターハイ陸上男子4×100mリレー決勝で連覇を飾った洛南

 陸上の全国高校総体(インターハイ)第3日は5日、徳島の大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで行われ、男子4×100メートル決勝で洛南(京都)が大会新記録の39秒71で連覇を達成。アンカーを務めた主将の大石凌功(3年)は、V2の裏に王者の重圧と葛藤があったことを明かした。

 終わってみれば、洛南強し。しかし、その裏に王者しか知らない感情があった。

「年中、SNSでいろんなことがつぶやかれていて、そういうのを見るたび、プレッシャーになっていました」(大石)

 大会新記録39秒86をマークした準決勝で1走を務めた1年生・村松悦基に代え、100メートル7位入賞の田村莉樹を起用した決勝。2走の南本陸斗、3走の山本嶺心、そしてアンカーを務めた主将の大石を含め、オール3年生の「今、考えられるベストメンバー」(大石)でファイナルに挑んだ。

 バトンパスで詰まるミスがあったが、2位市立船橋(千葉)、3位中京大中京(愛知)らライバルを抑えて完勝。叩き出したタイムは大会記録をさらに更新する39秒71。単純計算ではあるが、1人10秒でも40秒かかる400メートル、高校生4人で39秒台を揃えるのは抜きん出た実力の証しだろう。

 しかし、桐生祥秀らも着た伝統のユニホームをまとう4人に満足感はない。

「記録より勝負に勝つことを目標にチーム内で決めていた。記録を出す時期はもう少し先。そのステップで39秒7台はいい弾みになったと思います」(大石)

 V2までは苦しい道のりだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集