[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

キーパーだって目立ちたい! 四日市中央工、GK有留奎斗の好セーブでPK戦制し8強入り

第98回全国高校サッカー選手権は3日、3回戦が首都圏4会場で行われ、フクダ電子アリーナでは四日市中央工(三重)と日章学園(宮崎)が対戦した。3-3の同点の末に行われたPK戦では、GK有留奎斗(3年)の好セーブなどにより、四日市中央工が4-3で勝利。6年ぶりの8強入りを決めた。

PKを止めた四日市中央工・有留奎斗【写真:宮内宏哉】
PKを止めた四日市中央工・有留奎斗【写真:宮内宏哉】

次戦は4強入りをかけて矢板中央と対戦

 第98回全国高校サッカー選手権は3日、3回戦が首都圏4会場で行われ、フクダ電子アリーナでは四日市中央工(三重)と日章学園(宮崎)が対戦した。3-3の同点の末に行われたPK戦では、GK有留奎斗(3年)の好セーブなどにより、四日市中央工が4-3で勝利。6年ぶりの8強入りを決めた。

 キッカーと対峙し、気持ちが高ぶった。「ここで活躍したら、俺ヒーローやぞ」。PK戦、1本リードを許して迎えた4人目。有留はキッカーの些細な動きも見逃さなかった。「ボールの置き方で、なんとなくわかる」。見透かしたように右に横っ飛び。シュートを枠外にはじき出してガッツポーズした。リードして迎えた相手の5人目も外し、勝利を掴んだ。「本当は80分で勝ちたかったけど、『俺を見てくれ』という性格なので。やっと自分にスポットライトが当たったぞ、と」。勝利に貢献し、胸を張った。

 後半に3失点、うち1点をPKで決められていたが、自信があった。相手の日章学園は、2回戦の市船橋(千葉)戦をPK戦の末に勝利している。ミーティングで映像分析し、シュートの傾向などを頭に入れた。選手権出場決定後は2度行われた練習試合のPK戦でいずれも負けており「5本全部決められて負けるのが嫌で仕方なく、自信を無くしかけていた」というが「今日はいつもと感覚が違うな、いけるなと思った」とヒーローは満足げだった。

 ドッジボールが得意だったことから、小3からGKになった有留だが「自分自身が仕事するというより、前の選手が点取ってたので『目立ちたいな、フィールドしたいな』という気持ちになったこともある」と正直に話した。だが、GKの魅力も当然、知っている。「自分が止めれば流れを一気に持ってこれる。ポジションは1つ、専門職、手を使えるのは自分ひとり。自分だけってところで目立ってると思う」。キーパーが最も輝くPK戦で実力を発揮し、さらに自信をつけた。

 チームが最初の目標としていたベスト8入りは達成した。次戦は5日、矢板中央(栃木)と4強入りをかけて戦う。「次の目標は(準決勝の)埼玉スタジアム。単独優勝は目指さなければならない一番上の目標だが、まずは埼玉スタジアムに行かないといけない」と有留。28年ぶりの頂点まで、シュートを防ぎ続ける。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集