[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

農業部、おもてなし部… 龍谷が部の中に7つの「部」を置く理由、初戦敗退も確かな変化

第98回全国高校サッカー選手権は31日、1回戦が首都圏8会場で行われた。NACK5スタジアム大宮では専大北上(岩手)が龍谷(佐賀)を3-1で破った。Jリーグ福岡などでプレー経験のある太田恵介監督率いる龍谷は、2年連続の初戦突破とはならなかった。

ピッチを後にする龍谷の選手たち【写真:宮内宏哉】
ピッチを後にする龍谷の選手たち【写真:宮内宏哉】

太田監督はJリーグ福岡などでプレー経験

 第98回全国高校サッカー選手権は31日、1回戦が首都圏8会場で行われた。NACK5スタジアム大宮では専大北上(岩手)が龍谷(佐賀)を3-1で破った。Jリーグ福岡などでプレー経験のある太田恵介監督率いる龍谷は、2年連続の初戦突破とはならなかった。

 持ち前の堅守が崩れた。県大会5試合を無失点で勝ち上がってきた龍谷イレブン。太田監督は「ラインを上げられなかったのが敗因。もっと勇気をもって上げなければならなかった」。相手の攻撃に押し込まれ、全体的に下がり目の陣形となってしまった。前半30分までに3失点。後半27分にMF大石遼馬(2年)のパスをゴール前で受けたMF石橋啓士(2年)が左足で決め、1点を返したが、反撃もここまでだった。

 今年の新人戦後、サッカー部の中にさらに“部”を置いた。トレーナー部、審判部、おもてなし部、農業部、映像分析部、環境美化部、ヒラソール部の7つだ。農業部では、地元の農家の畑で収穫等をお手伝い。おもてなし部は試合などで観客用に椅子やを用意。ヒラソールとは地元のサッカースクールの名称で、幼児等にサッカーの楽しさを教える。部員は全員いずれかの部に所属し、休養日である毎週月曜日に活動を行うという。

 なぜ“部”を設けたか。その理由を、太田監督は明確に話した。

「今日の戦い方もそうだけれど(試合では)自分たちで意思決定、行動していかなければならない。僕が小さい頃は、悪さをしたら近所のおじさんが怒ったり、地域の人が育ててくれた。農家のおじさんたちが『そんなだらしないことじゃダメだ』と言ってくれたり、地域と関わりを持てば生徒にも責任感が出る。青森山田は日本一のチームだからダラッとしたらダメだ、というのがあると思う。僕も現役の時、見られる立場で変なことはしてられない。そういう風に育てていきたいしコミュニケーションをとってほしい」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集