[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

豊川・今井月、「あぶね~って感じ」も17歳初陣で2冠「もっとレベル高い記録を」

全国高校総体の水泳が17日に開幕し、競泳の女子200メートル平泳ぎでリオデジャネイロ五輪代表の今井月(豊川・2年)が接戦を制し、2分25秒72で優勝。女子400メートルリレーとともに初日から2冠を達成した。

インターハイ競泳、200平&400フリーリレーV「目標は総合優勝。この優勝は大きい」

 全国高校総体の水泳が17日に開幕し、競泳の女子200メートル平泳ぎでリオデジャネイロ五輪代表の今井月(豊川・2年)が接戦を制し、2分25秒72で優勝。女子400メートルリレーとともに初日から2冠を達成した。

 200メートル平泳ぎは2レーンの浅羽栞(八王子・2年)との接戦となった。150メートルを2位で折り返したが、残り20メートルで逆転。0秒23差で退け、トップでゴールに飛び込んだ。最後まで息のつけないレース展開となり「あぶね~って感じでした」と苦笑い。それでも「(浅羽は)ずっと見えていたので、最後はキツかったけど、優勝することができて良かったです」と安どした。

 400メートルフリーリレーではチームのアンカーを務め、4位から逆転Vに貢献。国際舞台で培ってきた強さを発揮した2年生は「3人がいい位置で来てくれた。目標は総合優勝です。なので、この優勝は大きいし、うれしいです」と笑みをこぼした。

 ただ、平泳ぎの記録に満足感はない様子。「自分の得意な泳ぎなので、もっともっとレベル高い記録を出せるように」と先を見据えた。7月の世界選手権(ブダペスト)では200メートル個人メドレーで5位と奮闘。得意な平泳ぎ以外も着実に地力をつけている。15日に誕生日を迎えたばかりの17歳は「1種目だけじゃダメ。いろんな種目で力を出せるように」と進化を誓った。

 初日の決勝8レースの結果は以下の通り。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集