[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

神村学園がインターハイ一番乗り! 出水中央に3-0快勝、全試合完封で県大会3連覇

守備陣は6試合連続完封、攻守に伸びしろは十分

 神村学園は、2006年度の高校選手権、07年度のインターハイで全国4強に入ったことのある強豪。攻撃時に小気味良いドリブルとショートパスを使い分ける選手が多く、人数をかけたコンビネーションサッカーが魅力だ。今大会は初戦でいきなりPK戦にもつれるなど、守備固めをする相手に苦戦しながら勝ち上がったが、尻上がりに調子を上げて来た。前線で起点を作れるFW若松勇斗(3年)は、負傷により今大会を欠場したが、全国大会には間に合う可能性がある。全国大会では、より攻撃的なサッカーで観衆を魅了するだろう。

 一方、守備陣は、全6試合で完封に成功した。DFアン・デービッド(2年)は、韓国人の両親を持ち、カナダで育った留学生。まだ日本語のコミュニケーションは十分ではない。その上、今大会直前にFWからコンバートされたばかりで、守備の連係に不安を抱えていた。

 しかし、持ち前のスピードとパワーで無失点に貢献。同じセンターバックでコンビを組んだDF稲田翔真(2年)は「僕が英語で話すことができないので、コミュニケーションを取りにくかったけど、身ぶり手ぶりのジェスチャーでやるしかなかった。ここまで失点ゼロで勝ち上がって来たので、決勝戦でもそれは守ろうと思っていた。序盤は緊張して危なかったけど、GKの吉山太陽(2年)に助けてもらった」と完封優勝の達成感をのぞかせ、笑顔を見せた。攻守両面に伸びしろのあるチームと言える。さらに成長した姿で挑む全国大会でも注目だ。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集