[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福岡第一が逆転で決勝進出、3P連発の相手エース富永を後半完封 31点差で完勝

桜丘のエース富永は悔し涙

 富永は「自分がエースとして引っ張らないといけないと思っていたし、前半はできたと思うけど、後半に止められてしまったのは反省。相手の守備がきつくなくて(ボールを持っても)2、3人と寄って来られて、タフショットになってしまった」と悔し涙を流しながら試合を振り返った。

 福岡第一は、留学生のクベマ・ジョセフ・スティーブ(2年)とU-18日本代表の松崎裕樹(3年)が得点源となったが、後半に富永から主役の座を奪ったのは、U-18日本代表のポイントガード河村勇輝(2年)だった。河村は、富永のマークをヘルプに行ったかと思えば、そこから出されたパスに追いついて別の選手のシュートをブロック。さらに、ようやく富永にボールが渡った場面でスティールを決めて速攻。第4ピリオドに入ると3ポイントを決めるなど相手にチャンスを与えないプレーを見せ、勝敗を決定付けた。

 福岡第一は、第4ピリオドでさらにリードを広げ、3分半以上を控えメンバーでプレー。世代ナンバーワンスコアラーさえもストップし、決勝に駒を進めた。1年次に優勝している松崎は「優勝がどれだけ嬉しいかではなく、どれだけ難しいかを伝えている。優勝候補が負けるのは、よくあること」と勝って兜の緒を締め、翌29日の決勝に目を向けた。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集