[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑、船木以来の史上2人目快挙へ挑戦 現地注目「真っ先に名前挙がるV候補」

ノルディックスキーのジャンプ男子は30日からワールドカップ(W杯)を兼ねてドイツとオーストリアで年末年始恒例のビッグイベント「ジャンプ週間」計4戦が開催される。優勝候補として注目を集めているのが、日本のエース小林陵侑(土屋ホーム)だ。今季W杯7戦中4勝と絶好調。個人総合首位に立つ22歳に現地メディアも熱い視線を送っている。

ジャンプ週間の大本命、小林陵侑【写真:Getty Images】
ジャンプ週間の大本命、小林陵侑【写真:Getty Images】

1997-98シーズンの船木以来、史上2人目の快挙に挑む

 ノルディックスキーのジャンプ男子は30日からワールドカップ(W杯)を兼ねてドイツとオーストリアで年末年始恒例のビッグイベント「ジャンプ週間」計4戦が開催される。優勝候補として注目を集めているのが、日本のエース小林陵侑(土屋ホーム)だ。今季W杯7戦中4勝と絶好調。個人総合首位に立つ22歳に現地メディアも熱い視線を送っている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 年末年始の祭典「ジャンプ週間」は1952年から始まったドイツ、オーストリアで各2戦、合計4戦を行うトーナメント。4試合の合計得点で総合王者が決定し、欧州、特に開催国のドイツ、オーストリアでは五輪金メダル級の価値があるともいわれている。

 これまで日本選手で総合優勝を飾ったのは、長野五輪直前の1997-98シーズンの船木和喜だけ。30日に行われる開幕戦のオーベルストドルフ大会は2万5500枚のチケットが開幕1か月以上前に完売。現地メディアによると、今回は4会場合わせて10万人以上の動員が見込まれているという。

 そんなビッグイベントに堂々の優勝候補として臨むのが小林だ。ドイツ公共放送「ZDF」電子版は「コバヤシか、それともアウトサイダーか? スキージャンプ ジャンプ週間の優勝候補たち」と題してプレビューを展開している。

「今回もジャンプ週間の大本命は外国勢だ。中でも最もホットな優勝候補は、W杯総合首位のリョウユウ・コバヤシ(日本)と、ディフェンディング・チャンピオンのカミル・ストッフ(ポーランド)だ」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集