[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桜丘の世代NO.1シューター富永啓生、圧巻の39得点で4強貢献も…「確率が悪過ぎる」

世代ナンバーワンのシューターが、いよいよ最強ディフェンスチームに挑む。ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は27日に第5日を行い、男子の桜丘(愛知)は85-71で実践学園(東京)を破り、4年ぶりに4強入りを果たした。U-18日本代表でエースの富永啓生(3年)は、ゲーム最多の39得点を挙げて勝利に大きく貢献した。

桜丘のシューター富永は39得点の活躍を見せた【写真:平野貴也】
桜丘のシューター富永は39得点の活躍を見せた【写真:平野貴也】

U-18日本代表エースがゲーム最多39得点で4強導く

 世代ナンバーワンのシューターが、いよいよ最強ディフェンスチームに挑む。ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は27日に第5日を行い、男子の桜丘(愛知)は85-71で実践学園(東京)を破り、4年ぶりに4強入りを果たした。U-18日本代表でエースの富永啓生(3年)は、ゲーム最多の39得点を挙げて勝利に大きく貢献した。

 富永が止まらない。1、2回戦はともに36得点。3回戦ではインターハイ王者の開志国際(新潟)を相手に45得点とシュートを叩き込んだ。それでも富永自身は「成功率が悪い。出来は50点未満。フリースローや3ポイントの確率が悪過ぎる。決めたいという気持ちが強過ぎて、ちょっとしたズレが生まれている」と納得していない。

 夏のインターハイは、富永がU-18日本代表の活動で不在となり、2回戦敗退。江崎悟監督は「啓生には、シュートを何本打って良いけど、2点と3点とフリースローのトータルで成功率60%を超えろと言っている。今日も50%に届かないので、ダメ。まだまだ。でも、一人で30~50点を取る子だから、彼にどう打たせるか。それがダメならどうするかというチームワークが出てきている」と、富永を中心としたチーム力が発揮できている手ごたえを話した。

 富永の得点力は、準決勝でも注目だ。父は、かつて日本代表のセンターを務めた富永啓之氏。影響を強く受けており、小さい頃から大人用のボールとゴールで練習していたという。元々、とにかくシュートが好きで3ポイントを打ちまくるプレースタイル。NBAのスター選手で高い3ポイント成功率を誇るステフィン・カリーがお気に入り。「3ポイントだけなら昔の方が入った」と言うが、高校に入ってからは、ゴール下へドリブルで切り込むドライブ、ドライブで相手を揺さぶってからのジャンプシュートなど得点パターンを増やしてきた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集