[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

名将の“教え”貫き逆転勝利 長崎総科大附、小嶺監督不在も初戦突破「どれだけできるか」

第100回全国高校サッカー選手権は29日、各地で1回戦が行われ、駒沢陸上競技場の第1試合では長崎総科大附(長崎)が北海(北海道)に2-1で勝利した。小嶺忠敏監督がベンチ入りしなかった長崎総科大附は前半に先制を許したものの、後半に2ゴールを奪取。監督が不在の中、見事に逆転勝利を飾った。

前半31分に同点となるゴールを決めて喜ぶ長崎総科大附のMF別府史雅(右端)と選手たち【写真:関臨】
前半31分に同点となるゴールを決めて喜ぶ長崎総科大附のMF別府史雅(右端)と選手たち【写真:関臨】

高校選手権1回戦で北海に2-1勝利、小嶺監督は体調不良でベンチ入りせず

 第100回全国高校サッカー選手権は29日、各地で1回戦が行われ、駒沢陸上競技場の第1試合では長崎総科大附(長崎)が北海(北海道)に2-1で勝利した。小嶺忠敏監督がベンチ入りしなかった長崎総科大附は前半に先制を許したものの、後半に勝ち越しゴールを奪取。監督が不在の中、見事に逆転勝利を飾った。

 会場に驚きが広がった。長崎総科大附のベンチに小嶺監督の姿がない。国見高校を率いて6度の優勝経験を誇る名将を欠いての戦いになったことについて、MF別府史雅(3年)は「試合前に行われるアップの直前に知った」と明かした。

 その影響が出たのだろうか。立ち上がり、ボールを落ち着かせることができない。北海に自陣深くまで攻めこまれるシーンが目立ち、チャンスを作れない時間が続いた。立て直すことができないまま、前半31分に北海に先制点を許してしまう。

 それでもチームに失点を引きずる雰囲気はなかった。徐々にペースを取り戻すと前半終了間際にコーナーキックを獲得。ゴール前の混戦から10番を背負った別府がねじ込み、同点とした。小嶺監督に代わってチームを率いた定方敏和コーチも「立ち上がりは非常に重かったが、前半終了間際に追いつけたことが非常に大きかった」と納得していた。

 そして残り時間もわずかとなった後半38分。またしてもコーナーキックから一度は跳ね返されたものの、DFの原口玖星(3年)が頭で押し込み、これが決勝点となった。「プレーの内容が悪かったので、決めきれて良かった」と充実した表情を見せた。

 試合後、定方コーチは「チーム全体で築き上げてきた部分を全力で出そうと話した。まず一つ勝ててほっとしている」と勝利に手応えを感じていた。同点ゴールを決めた別府も「小嶺先生がいなくてもやることは変わらない。(小嶺監督がいたことで)甘えていた部分もあった。自分たちがどこまでできるかだと思う」と次戦に向け力を込める。昨年は出場を逃した長崎総科大附にとって、2年ぶりとなった全国の舞台。指揮官不在にも動じることなくピッチ上で“教え”を体現し、第一関門を突破した。

(THE ANSWER編集部・関 臨 / Nozomu Seki)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集