[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「してやったり」感はゼロ 桐光学園FW田中、7年連続決勝を導いた“意外な一撃”

第100回全国高校サッカー選手権の神奈川県大会は6日にニッパツ三ツ沢球技場で準決勝が行われ、第1試合は桐光学園が1-0で東海大相模を破って7年連続の決勝進出を決めた。終盤まで譲らない拮抗した展開に風穴を空けたのは、FW田中英泰(3年)。チームを勝利に導く劇的な一撃となったが、殊勲の男は「(ボールが)自分のところに来ると思っていなかった。(運を)持っているなと思いました」と笑った。

ボールを持つ桐光学園の田中英泰は殊勲の決勝点を決めた【写真:平野貴也】
ボールを持つ桐光学園の田中英泰は殊勲の決勝点を決めた【写真:平野貴也】

桐光学園が東海大相模に1-0勝利、3年ぶりの全国高校サッカー選手権出場に王手

 第100回全国高校サッカー選手権の神奈川県大会は6日にニッパツ三ツ沢球技場で準決勝が行われ、第1試合は桐光学園が1-0で東海大相模を破って7年連続の決勝進出を決めた。終盤まで譲らない拮抗した展開に風穴を空けたのは、FW田中英泰(3年)。チームを勝利に導く劇的な一撃となったが、殊勲の男は「(ボールが)自分のところに来ると思っていなかった。(運を)持っているなと思いました」と笑った。

 スコアが動いたのは、後半終了の4分前。桐光学園が右コーナーキックを得ると、左DF寺内倖大(3年)が左足で蹴ったボールを、ニアサイドにいた田中がジャンプして頭で合わせてゴールを決めた。前半は両チームでシュート3本という互いに手堅い展開で後半へ進み、1点勝負の流れとなっていただけに値千金の得点だった。

 鈴木勝大監督は、殊勲の一撃を決めた田中を「つかみどころのないプレーヤー。最後、ああいう形で決勝点を決めて、彼の良さが出ていたと思う。欠かせない存在」と評した。田中は2トップの一角で先発したが、試合途中からは左サイドに流れることが多く、左MFの位置でプレー。ストライカーというよりは、左サイドのドリブル、カットインによるチャンスメークで攻撃に貢献していた印象だ。実際に試合後の取材対応では「前半から持ち味のドリブルでリズムを作れた。良い調子で1試合を通してやることができた」と話すなど、あまりシュートへのこだわりを示す場面がなかった。

 試合の最後に、FWとしての仕事を果たしたが、場内でヒーローインタビューを受けた田中は「公式戦でコーナーキックから点を取ったことが、初めて。こうした拮抗した舞台の中で、点が取れたことは素直にうれしいです」と、意外な一撃だったことを明かした。何しろ、このセットプレーの狙いも、田中の狙いも実際に起きた軌道とは異なるというのだ。「たぶん(狙いは)僕の一個後ろの選手だと思う。ただ、(キッカーが)蹴った瞬間に自分のところに来たと思ったので、ゴール前で(相手のクリアが味方に当たってゴールへ飛ぶなど)事故を起こすようなヘディングを狙ったら、上手く入った」と素直に話した。

 決勝点を決めたヒーローなのだが「してやったり」の感覚は、ゼロ。それでも2試合連続ゴールとなる決勝点で、チームの勝ち上がりに大きく貢献した。

 桐光学園は7年連続の決勝進出だが、直近2年はともに決勝戦で敗退。3年ぶりの全国大会出場を狙う。田中は「2年連続で決勝戦で悔しい思いをした。何がなんでも、自分が決めて勝ちたいと思う。1年の時はベンチ外。2年の時はベンチには入ったけど試合に出られなかった。(決勝の)ピッチに立つのは今度が初めてだけど、自分のスタイルを発揮して頑張りたい」と3戦連発での全国切符獲得を誓った。

 決勝戦は11月13日に等々力陸上競技場で行われ、桐光学園はインターハイ予選の準々決勝で敗れた相手である相洋と対戦する。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集