[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

J内定3人の興国、全国出場逃す 大産大附、3度追いつく“選手権マジック”で劇的4強

これぞ選手権という激闘だった。第100回全国高校サッカー選手権の大阪府大会は10月31日、準々決勝第2日が行われ、第2試合は大阪産業大学附属がPK戦の末にJクラブ内定3選手を擁して注目を集める興国を破り、準決勝に駒を進めた。

大阪産業大学附属がPK戦の末に興国に勝利【写真:平野貴也】
大阪産業大学附属がPK戦の末に興国に勝利【写真:平野貴也】

高校選手権の大阪府大会、準々決勝で大産大附が驚異の粘りで興国を撃破

 これぞ選手権という激闘だった。第100回全国高校サッカー選手権の大阪府大会は10月31日、準々決勝第2日が行われ、第2試合は大阪産業大学附属がPK戦の末にJクラブ内定3選手を擁して注目を集める興国を破り、準決勝に駒を進めた。

 大産大附が、驚異の粘り腰を見せた。後半終了間際、延長後半終了間際と2度も敗戦寸前でゴールを奪い、合計3回追いついて3-3でPK戦に持ち込むと、サドンデスとなった9人目で7-6として強敵を退けた。チームを率いる中西幸司監督は「選手が諦めずによく頑張った。子供たちで勝手にスイッチが入った。私(の采配)じゃないです。練習で見たことのないプレーが二つ、三つと出ました」と、大一番で発揮された選手の底力に驚きを隠さなかった。

 一方、敗れた興国の内野智章監督は「ボールを持った時に、普段やっていないプレーばかり。どうして……」と、勝利が手からすり抜けた一戦に首をかしげずにいられなかった。高校生にとっては比類のない注目度で、憧れの舞台となる冬の選手権。通常とは異なるメンタル状況によって「選手権マジック」が起きた一戦だった。

 7月のプリンスリーグ関西で興国に0-3で敗れていた大産大附は、腰が引けて敗れた反省から、この試合では積極的なプレッシングを徹底。開始3分でエースFW増田哲平(3年)がポスト直撃のシュートを放ち、勢いを見せた。しかし、個人スキルの高さでは興国が断然上。前半16分、川崎フロンターレ加入内定のMF永長鷹虎(3年)が会場を沸かすドリブルで相手を翻弄すると、左足シュートでポストを強襲。こぼれ球をモンテディオ山形に加入内定のFW荒川永遠(3年)が押し込み、早々にリードを奪った。

 大産大附が後半2分に「1対1の対人は得意。中に選手がいなかったので、狙ってみようと思った」という左MF清水亮太(3年)の思い切ったカットインシュートで追いついたが、興国は直後の後半5分にサイドチェンジを受けた永長が左足で決めて、再び勝ち越した。

「選手権マジック」が発動したのは、ここからだった。リードを得た興国の攻撃が鈍り始めた。永長が「後ろに人数をかけたのに、ロングパスを蹴ってしまっていた。ボランチが高い位置にいないので、セカンドボールを回収できなかった」と話した通り、ボールを奪いにくる相手に対して、低い位置で人数をかけたパスワークでの打開を狙うか、ロングパスで押し返すかの選択が中途半端になり、得意のボールキープができなかった。

 対する大産大附は、1トップから2トップに変更してサイドアタックを繰り返すと、FW増田が負傷したが、代わって入ったFW福元爽真(1年)が大仕事をやってのけた。後半終了間際、右サイドで相手に囲まれながらもドリブルで押し込んだ主将MF島田賢斗(3年)のバックパスから右DF太田翼(3年)がアーリークロスを上げると、福元が「あんまり決めたことがない(パターンだ)けど、まだ3年生とサッカーをしたいという気持ちで押し込んだ」という見事なヘディングで起死回生の同点弾を決めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集