[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

岐阜各務野が4強入り 前年苦杯喫した丹生に5-0快勝、指揮官「今日は2年生がよかった」

優勝候補同士の一戦は、予想外の大差がついた。17日、全国高校総体(インターハイ)ホッケー競技女子は3回戦を行い、岐阜各務野(岐阜)が丹生(福井)に5-0で勝利。昨年のインターハイ代替大会「サマーチャレンジカップ2020」で苦杯を喫した相手を下し、13大会連続のベスト4入りを果たした。

13大会連続4強入りを果たした岐阜各務野の選手たち【写真:山田智子】
13大会連続4強入りを果たした岐阜各務野の選手たち【写真:山田智子】

全国高校総体・ホッケー女子、岐阜各務野が13大会連続4強

 優勝候補同士の一戦は、予想外の大差がついた。17日、全国高校総体(インターハイ)ホッケー競技女子は3回戦を行い、岐阜各務野(岐阜)が丹生(福井)に5-0で勝利。昨年のインターハイ代替大会「サマーチャレンジカップ2020」で苦杯を喫した相手を下し、13大会連続のベスト4入りを果たした。

 流れを引き寄せたのはエースの泥臭い一発だった。一進一退で迎えた第2クオーター(Q)20分、浅井美月のパスを受けた佐々木里紗が「シュートが狙える角度じゃなかったので、コーナーを取って流れを作ろうと思った」と冷静にペナルティコーナー(PC)を獲得。平光杏衣のヒットシュートはGKに止められるが、リバウンドを山藏百音がつなぎ、佐々木が押し込んだ。

「(長尾美和)先生から、自分が決めることによってチームも自分も気持ち的に楽になると言われていた。(決まった時は)自分たちのリズムが作れたなと思って、うれしかったです」

 この先制点で、流れは大きく岐阜各務野に傾く。24分には、藤之氏伶がPCのリバウンドを豪快に叩き込み、その1分後には、平光がドリブルでサークルに侵入し、折り返しを松波芽衣が落ち着いて流し込む。丹生に立て直しの時間を与えず、一気呵成に3点を奪った。

 後半、丹生は反撃に転じるが、再び流れを作ったのはキャプテン・山藏とエース・佐々木のホットラインだった。40分、山藏のサークル内へ打ち込みに佐々木が合わせて4点目。「(縦パスは)狙っていた」(佐々木)という形で追加点を挙げると、第4Qには大塚みなみが右サイドを崩し、最後は可児彩乃が5点目を決めた。

 佐々木、山藏、松波、大塚。4人は各務原市ホッケースポーツ少年団でホッケーをはじめた幼なじみ。今年のチームの顔である4人全員が得点場面に絡み、攻撃を引っ張った。「勝たないと、(目標にしている)3冠もなくなるし、ベスト4にもなくなるので、10年以上ベスト4に入っているという流れを絶対になくさないようにと。3年生が強い気持ちを持って、それに1、2年生がついてきてくれて、みんなが一つになったから勝てたと思います」。佐々木はチームワークが勝因だと胸を張る。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集