[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「できっこないを、やる夏だ。」 サンボマスターと34人の女子高生が全国の「君」に届けたエール

あれから、2度目の夏。福井。魂の叫びと全力の笑顔が、エールのロックンロールを奏でた。

サンボマスターとコラボし、笑顔で踊る福井商チアリーダー部「JETS」【写真:山田智子】
サンボマスターとコラボし、笑顔で踊る福井商チアリーダー部「JETS」【写真:山田智子】

インターハイ2021応援ムービー「サンボマスター×福井商チアリーダー部JETS」が実現

 あれから、2度目の夏。福井。魂の叫びと全力の笑顔が、エールのロックンロールを奏でた。

「あきらめないでどんな時も 君なら出来るんだどんな事も

 今世界にひとつだけの強い力をみたよ

 君ならできない事だって 出来るんだ本当さウソじゃないよ

 今世界にひとつだけの強い光をみたよ

 アイワナビーア君の全て!」

 マイクの前で絶叫したボーカルは、未曾有の青春を生きる若者を想った。

 2020年。高校生の青春の景色は、変わってしまった。

 新型コロナウイルス感染拡大。緊急事態宣言は全国に広がり、休校、それに伴う部活の休止。熱気と活気が渦巻いていたグラウンドや体育館は色を失った。そして、決まったインターハイの中止。全国の3年生が、最後の夏を奪われたが、しかし――。

【動画】「泣くわこんなん」「心に響きました」とネットでも話題に サンボマスター×JETSがコラボした「できっこないをやらなくちゃ」の応援ムービー

 会議、授業、帰省。言葉の前に「リモート」がつけば、なんでも叶う時代になった。部活動も知恵を絞り、感染対策を両立しながらかつての日常を模索。徐々に大会が戻り、この夏、インターハイは北信越の地で2年ぶりに帰ってくることになった。

 そこで立ち上がったのが、人気ロックバンドのサンボマスターと福井商業高校チアリーダー部「JETS(ジェッツ)」だ。

 2006年に創部されたJETS。素人集団がわずか3年目で全米大会優勝し、そのストーリーが映画「チア☆ダン」で実写化された。今やチアダンスの有名校に。約10年間、チームのテーマソングとしているのが、サンボマスターの「できっこないをやらなくちゃ」。

 福井から、全国の部活生にエールを――。

 大塚製薬のポカリスエットが制作した「インターハイ2021応援ムービー」の中で「できっこないを やらなくちゃ」の生演奏に合わせ、JETSが踊る企画が実現。4年前にTBS系番組で共演しており、当時中学生だった現役部員にとっては夢のコラボレーション。

 知らせを受けた福井商業の教室は、揺れた。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集