[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、画面から消えた特大33号 着弾地点判明で米ファン驚愕「冗談だろ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、マリナーズ戦に「2番・DH」で出場。3回の第2打席に右翼席へ飛距離463フィート(141メートル)の33号ソロを放った。これで年間62本塁打ペース。中継カメラも打球を見失うほどだったが、米記者はボールの着弾地点を画像で示した。衝撃の投稿に、米ファンからは「冗談だろ」「4階席?」などと驚きの声が寄せられている。

第2打席、右翼席へ特大の33号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第2打席、右翼席へ特大の33号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

マリナーズ戦で141メートル弾をかっ飛ばす

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、マリナーズ戦に「2番・DH」で出場。3回の第2打席に右翼席へ飛距離463フィート(141メートル)の33号ソロを放った。これで年間62本塁打ペース。中継カメラも打球を見失うほどだったが、米記者はボールの着弾地点を画像で示した。衝撃の投稿に、米ファンからは「冗談だろ」「4階席?」などと驚きの声が寄せられている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 こんなところまでボールは飛んでいた。敵地Tモバイルパークの右翼席へ消えた打球。米地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者は、自身のツイッターで画像を公開した。大谷の33号がどこまで飛んだのか、その着弾地点を示したものだ。

 文面で「ここまで飛んだ」とつづられた画像。バツ印があるのは、なんと右翼席奥にあるデッキ席の最上段。数えるほどしか観客がいない、その位置に飛んでいた。画像を確認した米ファンからは「シアトルでそこまで飛ばした人を俺は知らない」「463フィートじゃなくて500フィートじゃないか?」「ボールよ、さようなら」「オオタニはスタットキャストも破壊した。463フィートな訳がない」「オーマイガー」「4階席?」「冗談だろ」「TVじゃ分からなかった」などと衝撃の声が書き込まれている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集