[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

読み名は「ほうり」 帝京長岡・祝、佐渡島出身ガードが“鬼門突破”のキーマン

祝が帝京長岡の“3度目の正直”のカギを握る【写真:平野貴也】
祝が帝京長岡の“3度目の正直”のカギを握る【写真:平野貴也】

「高校バスケ史上最高の留学生」とのコンビが生きた経験

 祝は「最初は、外国人とプレーしたことがなかったし、1年の時はどうやって彼らを使えば良いのか分からなかった。上に投げれば良いんじゃないのかと思っていたけど、マークも厳しいし、そんなに簡単ではなかった。留学生にはリバウンドでも頑張ってもらわなければいけないので、無理にパスを出してシュートへ持ち込むプレーをさせないように考えている。最初にパスを出して相手がどう来るのかを見てプレーの仕方を要求するし、留学生も意見を言ってくるので聞いている」と話した。

「日本高校バスケット史上最高の留学生」と呼ばれ、昨年までチームを引っ張っていたディアベイト・タヒロウ(ポートランド大)とのコンビネーションが、今も留学生とのコミュニケーションに生きている。

「彼は、常に(パスを受けられる)面を取っている。でも、去年は僕がみ切れていなかったところがあった。今の留学生は、ディアベイトを見て真似していると感じるので、今はピック(スクリーンに入ってもらってフリーでボールを持つ)が終わった後も中を見て、自分が打つだけでなく、中が良い状態で空いているなら出そうと考えている。良いタイミングでパスを出せるようになってきた」

 島で磨いた自らの武器と、帝京長岡で学んだ仲間を生かすプレーを駆使し、3度目の正直でファイナルにたどり着けるか。祝は「インターハイで一番悔しい思いをしたチームだと思っている。ベスト4の壁をぶち破って、優勝まで駆け上りたい」と語気を強めた。学んできたことのすべてをぶつけて、悲願の決勝進出を目指す。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集