[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • 「こいつ、すげえな」 広島皆実、エースも認めた「スーパー1年生」の伸びしろ

「こいつ、すげえな」 広島皆実、エースも認めた「スーパー1年生」の伸びしろ

 メインコートに立つことはできた。しかし、力の差を見せつけられた。ウインターカップ2017全国高校バスケットボール選手権大会は27日に第5日を行い、男子の広島皆実(広島)は67-84で明成(インターハイ準優勝=宮城)に敗れてベスト8に終わった。

8強で涙をのんだ広島皆実の1年生・三谷【写真:平野貴也】
8強で涙をのんだ広島皆実の1年生・三谷【写真:平野貴也】

8強敗退、U-16代表の注目ルーキー三谷桂司朗「力の差を見せつけられました」

 メインコートに立つことはできた。しかし、力の差を見せつけられた。ウインターカップ2017全国高校バスケットボール選手権大会は27日に第5日を行い、男子の広島皆実(広島)は67-84で明成(インターハイ準優勝=宮城)に敗れてベスト8に終わった。

 恒例となっていることだが、大会は、会場となった東京体育館は4つのコートで分散して試合を行っていき、終盤はコートを1つにしてすべての試合を順に行う形式を採用している。会場の視線を集めるメインコートは、高校バスケット選手の憧れの舞台だ。

 華やかな舞台に立てた喜びはあったが、相手は強かった。広島皆実も先発陣は力のある選手が揃っており、インターハイ8強の力を持っている。昨年から主力の4人に、注目のルーキー三谷桂司朗が加わったチームだ。三谷は、身長190センチ、足のサイズは32センチ。まだ身体も成長中だ。

 長い手足を生かしたプレーが特長で、参考にしているのは、NBAのバックスに所属するヤニス・アデトクンボ。将来は、中も外もできるフォワードを目標としている。経験を積みながら、セットプレーを覚え、シュートもパスも少しずつトライして自分の物にしようとしている。

 チームは前半37-42とそれほど離されずに食らいつくことができた。しかし、エースの小川俊哉がマークされ、インサイドの要である身長191センチの深渡瀬海が第3ピリオドに4ファウルへ追い込まれて苦しくなった。深渡瀬のプレータイムを制限せざるを得なくなり、広島皆実は1年生の三谷をコンタクトプレーの多いインサイドに置いた。

 相手のインサイドプレーヤーは、米国ゴンザガ大でプレーする八村塁の弟である八村阿蓮。高さ、強さ、巧さを兼ね備えた注目選手だ。前半はシュートが入らなかった三谷だが、後半はチームの苦境を救おうと奮闘した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー