[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • 17年全豪OPダブルス4強の穂積絵莉が高校生を熱血指導 “可能性の扉”を開く“鍵”とは

17年全豪OPダブルス4強の穂積絵莉が高校生を熱血指導 “可能性の扉”を開く“鍵”とは

女子テニスの穂積絵莉が14日、神奈川・鎌倉市内の鎌倉学園高を訪問した。2017年1月の全豪オープンで日本人ペアとして初のベスト4進出を果たすなど、目覚ましい成長を遂げる23歳は、約200人の生徒相手に講演を実施。さらに硬式テニス部を熱血指導した。

鎌倉学園高を訪問した穂積絵莉【写真:編集部】
鎌倉学園高を訪問した穂積絵莉【写真:編集部】

「ポカリスエット エールキャラバン」、鎌倉学園高で「信じる大切さ」を力説

 女子テニスの穂積絵莉が14日、神奈川・鎌倉市内の鎌倉学園高を訪問した。2017年1月の全豪オープンで日本人ペアとして初のベスト4進出を果たすなど、目覚ましい成長を遂げる23歳は、約200人の生徒相手に講演を実施。さらに硬式テニス部を熱血指導した。

 大塚製薬が企画し、テニス、サッカー、バスケットボール、バレーボール、柔道、バドミントンを通じて、全国170校の部活生を応援する「ポカリスエット エールキャラバン」の一環として訪問した同校。穂積が披露した体験談に生徒たちは耳を傾けた。

 両親、祖父母がテニスをやっていた“テニス一家”に生まれた穂積が、初めてラケットを手にしたのは3歳の頃。誰に強制されるわけでもなく、「テニスが好き」という気持ちに導かれた。たとえどんなに厳しい練習でも全く苦にならず、上手くなりたい一心で駆け抜けてきた彼女が生徒たちに力強く伝えたのは、自分を信じることの大切さだった。

「高校1年生の時にジュニアの全豪オープンに出場して、プロになってもここでプレーしたいなと感じました。その時は1回戦で負けてしまったんですが、世界は違うとは思わなかった。私、全然ダメだなではなく、この舞台に戻ってきたいと思ってやってきました」

 自分を信じることこそが、“可能性の扉”を開く鍵になるという。穂積は2013年に19歳で全日本選手権の女子シングルス優勝を果たし、16年にはリオデジャネイロ五輪に出場。そして今年はグランドスラムの全豪オープンで加藤未唯とのコンビで同大会日本人ペア史上初のベスト4入り、11月のWTA125Kシリーズ・ハワイ・オープンでもダブルス準優勝に輝くなど、着実に成長曲線を描いてきただけに、その言葉に生徒たちも思わず頷いた。

「テニスは迷いがあると上手くいきません。自分を信じることはとても大変なことです。私も高校生の時は、『自分を信じて』という言葉の本当の意味を分かっていなくて、この2年くらいで理解が深まってきたところです。日々の積み重ねが自分を信じることにつながるので、毎日頑張ってください」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー