[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

完勝の青森山田、指揮官は控え選手に檄 試合後3分の円陣「厳しく言わせてもらった」

第99回全国高校サッカー選手権は5日、首都圏2会場で準々決勝が行われた。駒沢陸上競技場では24年連続26度目の出場となった青森山田(青森)が堀越(東京A)に4-0で勝利し、3年連続の準決勝進出を決めた。地力を見せつけたが、黒田剛監督は「サブのメンバーはもうちょっとアピールできてもよかった」と試合後の円陣でイレブンの気持ちを引き締めていた。

青森山田は3年連続で準決勝進出を果たした【写真:城福達也】
青森山田は3年連続で準決勝進出を果たした【写真:城福達也】

第99回全国高校サッカー選手権・準々決勝

 第99回全国高校サッカー選手権は5日、首都圏2会場で準々決勝が行われた。駒沢陸上競技場では24年連続26度目の出場となった青森山田(青森)が堀越(東京A)に4-0で勝利し、3年連続の準決勝進出を決めた。地力を見せつけたが、黒田剛監督は「サブのメンバーはもうちょっとアピールできてもよかった」と試合後の円陣でイレブンの気持ちを引き締めていた。

 全国常連校の理想は高い。試合後、ベンチ前で作られた円陣の中で黒田監督は約3分間、選手に厳しい言葉を伝えた。4-0で完勝とも思える結果だが、その後のオンライン会見で指揮官は意図を語ってくれた。

「前半はプラン通りにいっていた。後半、怪我の選手もいたのでサブのメンバーも投入していったが、やってほしいことをやってくれなかった。その辺りを含め、厳しく言わせてもらった」

 主将のDF藤原優大(3年)が3回戦の帝京大可児(岐阜)戦で股関節を痛めるなど、不安要素もある中でこの日は後半から5人を途中出場させた。4得点を挙げた前半とは変わり、無得点で連係も所々に反省点が生まれた。

「後半はまったりしすぎたかなと。中盤との間延びが目立った。1対1の攻防も前半より甘くなったり、そういうところが気にはなった」と黒田監督。選手権という大舞台で、ベンチから出場を伺う選手にはもっと積極的にプレーしてほしかったようで「サブのメンバーとして、もうちょっとアピールすることはできてもよかったのかなと思う」と話した。

 9日の準決勝では、堅守を武器とする矢板中央(栃木)と対戦する。「(矢板中央の試合は)モチベーション高く、寄せや強度も高く、スピード感も感じさせられるゲーム内容だった。受けて入らないよう、厳しいボール際の激しい戦いをできれば」。目指す2年ぶりの頂点まで、一瞬も気を緩めない。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集