[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

夢の渡米にコロナの壁 留学7日で帰国も…異例挑戦18歳MFに「不安はない」理由

コロナ禍の後輩たちへ伝えたいこと「つらいと思うけど、前に進み続けてほしい」

 現在は兵庫で語学の勉強、自宅ガレージでのトレーニングなどに励む毎日だが、コロナ禍に苦しむ後輩のためにやっていることがある。「1人だと限界があるけど、2人なら選択肢が増えますから」。公共交通機関は使用しない、人ごみには近づかない、ランニングやボールを扱った練習など全てで2メートル以上の距離を設けるなどの感染症対策を徹底したうえで、神戸弘陵の後輩の自主練習に付き合っている。

 夏の全国高校総体は、史上初の中止が決定。後輩たち、特に3年生の無念は計り知れない。沖吉は「つらい気持ちは十分にわかります」としながら、後輩に向け「前に進み続けてほしい」とエールを送っている。

「自分の時にはなかったことなので、簡単に言えることではないですが、ずっと引きずることがもったいないのは確かだと思います。今できることを見つけて、前に進み続けてほしい。大学でサッカーを続ける子もいますし、高校サッカーで報われなかったとしても、そこまでのプロセスが絶対に参考になるし、大学で開花して『あの苦しい時期に努力した賜物だな』と思えたら素晴らしいことだと思います。

 僕もいつアメリカに行けるかわからないし、今後どうなるかわからない状況ですが、不安や恐れはありません。苦しい時にどうすれば良い成果が返ってくるか、サッカーを通じて学んだからです。何をやっても苦しい時期や思い通りにいかない時期はある。何か言い訳を付けてやらないのか、ひたすら自分の希望を見つめてやるかなら、後者の方がいい。だから、後輩たちには『誰よりもこの時期を実りあるものにしてやる!』って思えるようになってほしいとお勧めしたいです」

 気持ちを切り替える難しさは理解しつつも、強いメッセージを送った。夢の1つに「人の笑顔を作る」ことを掲げ、中学時代から様々なジャンルの書籍を読み漁ってきた努力家は、今を懸命に生きることの重要さが身に染みてわかっている。「自分がやりたいことは見失わず、毎日を過ごしていきたい。できることを追い求めていいと思うし、そこだけはブレたくないと思います」。渡米がいつになろうとも、その時に備えて己を磨くだけ。後輩たちがサッカーに打ち込める日常が戻ることを望みつつ、ポジティブに夢を見据えて邁進していく。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集