[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“3軍”から全国屈指のDFへ 準Vの青森山田・箱崎拓が示した“這い上がる条件”

第98回全国高校サッカー選手権の決勝が13日、埼玉スタジアム2〇〇2で行われ、前回王者の青森山田(青森)は静岡学園(静岡)に2-3で敗れた。史上9校目の連覇はならなかったが、2年連続で決勝進出という快挙。強豪の守備を支えたのは、Cチームから這い上がった男だった。

青森山田の箱崎拓【写真:荒川祐史】
青森山田の箱崎拓【写真:荒川祐史】

入学当初はCチーム、守備の要として青森山田の準Vに貢献

 第98回全国高校サッカー選手権の決勝が13日、埼玉スタジアム2〇〇2で行われ、前回王者の青森山田(青森)は静岡学園(静岡)に2-3で敗れた。史上9校目の連覇はならなかったが、2年連続で決勝進出という快挙。強豪の守備を支えたのは、Cチームから這い上がった男だった。

 2点リードからまさかの逆転負け。静岡学園の勢いは、王者の守備力を上回ってきた。DF箱崎拓(3年)は「勝ちたかった。少しのスキというのがこのような結果につながってしまった。徹底したことの詰めの甘さが出てしまったかなと思う」とうなだれた。

 箱崎は昨年12月、世代最高峰リーグとされる高円宮杯U18プレミアリーグファイナルの名古屋グランパスU18戦での勝利に貢献し、MVPを獲得した実力者だ。だが、ここまで順風満帆な高校サッカー生活だったわけではない。青森山田には、A、B、C1、C2、C3など複数のカテゴリーがあり、Aチームの選手が“1軍”に当たる。入学後、実力を認められた選手が上位カテゴリーに引き抜かれる中、箱崎は6月のカテゴリー分けでC1に分類された。

「C2からのスタートだと思っていたので、C1に上がれたのはうれしかったけど、やってみたらもっと上に行きたいという意欲が出てきた。『自分はこのままではいけないんだ』とか、不安やもっとできるという思いがあった」

 180人を超える部員がいる青森山田で、CチームからAチームに昇格するのは、並大抵のことではない。今大会のスタメンでも、Cチームから這い上がったのは箱崎のみ。ベンチ入りメンバーでもMF得能草生(3年)を含め2人だけだった。箱崎は1年秋にBチームに昇格し、2年生で公式戦にも出場するようになったが、それはほとんどがCチームの試合。3年生になるまで「実質はCチームというので2年間」だったという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集