[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリ、まさかのバンタム級残留!? 体重超過常習犯、昇級意見に米記者「118ポンド」

ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)は6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)のチーフトレーナーを務めるフレディ・ローチ氏から離れ、カネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)を指導するトレーナー、エディ・レイノソ氏に師事することになった。度重なる体重超過でボクシング界の問題児となっているが、米記者はネリがバンタム級に留まると予想している。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

“チーム・カネロ”で再出発、ファンの質問にコッピンガー記者が今後の階級を回答

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)は6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)のチーフトレーナーを務めるフレディ・ローチ氏から離れ、カネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)を指導するトレーナー、エディ・レイノソ氏に師事することになった。度重なる体重超過でボクシング界の問題児となっているが、米記者はネリがバンタム級に留まると予想している。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 ネリの最新動向を伝えたのは米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のマイク・コッピンガー記者だった。自身のツイッターでネリのチーム・カネロ入りをレポートしている。

「元118ポンド王者、ルイス・ネリは今週、サンディエゴでエディ・レイノソとトレーニングをスタートする。レイノソはカネロ・アルバレス、ライアン・ガルシア、オスカー・バルデス、フリオ・セザール・マルティネスとヘビー級フランク・サンチェスも指導している。ネリは前回予定していた試合で、フレディ・ローチとトレーニングしていた」

 ネリは昨年11月の前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とのWBC指名挑戦者決定戦に挑む際に、名伯楽ローチ氏に師事。だが、ロドリゲス戦の前日計量で規定を1ポンド(約450グラム)オーバーし、試合は中止となっていた。結局、ローチ氏とタッグを組んだ後は1試合も行っていない。

 山中慎介との2度の世界戦でも体重超過とドーピング違反で物議を醸した悪童ネリ。コッピンガー記者のツイッターのコメント欄では、ファンが「122ポンドか126ポンドで戦うと思うか?」と質問。スーパーバンタム級かフェザー級への転向を予想する声に対して、コッピンガー記者は「118(ポンド)」と、バンタム級で戦うことを予想している。

 ロドリゲス戦での体重超過問題でWBCからランク外となり、タイトルへの指名挑戦権も失ったネリ。それでも、WBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)が君臨するバンタムに留まると、米記者は見ているようだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集