[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「見ていて幸せ!」 フィギュア“りくりゅう”のフリー進出に海外称賛「ゴージャス」

北京五輪は18日、フィギュアスケートのペアショートプログラム(SP)が行われ、三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)は70.85点の暫定2位で、19日のフリー進出を決めた。団体でも銅メダル獲得に貢献した2人。海外メディアから「見ていてとても幸福を感じる!」と称賛されている。

フリー進出を決めた三浦璃来、木原龍一組【写真:AP】
フリー進出を決めた三浦璃来、木原龍一組【写真:AP】

北京五輪フィギュアスケートペアSP

 北京五輪は18日、フィギュアスケートのペアショートプログラム(SP)が行われ、三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)は70.85点の暫定2位で、19日のフリー進出を決めた。団体でも銅メダル獲得に貢献した2人。海外メディアから「見ていてとても幸福を感じる!」と称賛されている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「ハレルヤ」に乗り、舞った。「りくりゅう」の愛称で親しまれる2人は、トリプルツイストを披露。三浦が3回転トウループでダブルに。それでも、コンビネーションスピンなどで息の合った演技を見せた。

 勢いのあるりくりゅうに、海外メディアもツイッター上で称賛の言葉を並べた。海外フィギュアスケート専門サイト「ゴールデンスケート」は「見ていてとても幸福を感じる!」と投稿。海外フィギュアスケート専門サイト「エニシング・ゴーズ」は「リクのジャンプがポップしてしまった。彼らはとてもゴージャスだった。クリーンだったらなぁ」と課題に触れつつ紹介した。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」は「ミウラとキハラは北京に永遠に感じるくらい長くいる。バブルの中で集中力と元気を保つのは難しいはず。しかし、ダブルジャンプになってしまったとして、見ていて幸せだった。いつもの通り」とツイート。団体戦にも出場し、長丁場を戦う2人を称賛した。

 2019年にペアを組んだ2人は、今季GPシリーズ第1戦のスケートアメリカで銀メダル、第4戦NHK杯で銅メダルを獲得。NHK杯で日本勢が表彰台に立つのは10年ぶりの快挙だった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集