[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カーリング藤澤五月が再び泣いた 敗退カナダの祝福ハグを海外称賛「これぞスポーツ」

17日に行われた北京五輪のカーリング女子1次リーグで、日本代表(ロコ・ソラーレ)はスイスと対戦。4-8で敗れたものの、4位で準決勝進出が決まった。4人は涙を目に溜めて歓喜。日本と同じ5勝4敗で並びながらも敗退が決まったカナダ選手から、藤澤五月と吉田知那美はハグで祝福された。海外記者からは「これぞカーリング、これぞスポーツ」とこの場面に注目が集まった。

カーリング女子日本代表の藤澤五月【写真:AP】
カーリング女子日本代表の藤澤五月【写真:AP】

北京五輪・カーリング女子

 17日に行われた北京五輪のカーリング女子1次リーグで、日本代表(ロコ・ソラーレ)はスイスと対戦。4-8で敗れたものの、4位で準決勝進出が決まった。4人は涙を目に溜めて歓喜。日本と同じ5勝4敗で並びながらも敗退が決まったカナダ選手から、藤澤五月と吉田知那美はハグで祝福された。海外記者からは「これぞカーリング、これぞスポーツ」とこの場面に注目が集まった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 スイスに敗れた日本は、敗退を確信したような様子で直後のインタビューに応じていたものの、同時刻の試合で韓国が敗れたため4強入り。事実を知らされると全員が涙し「今世紀最大のサプライズ」と喜んだ。

 5勝4敗で日本、英国、カナダが並んだが、「ドローショットチャレンジ(DSC)」の差でカナダが敗退。順位決定後、取材に応じる藤澤と吉田の後ろから、カナダの47歳ジェニファー・ジョーンズが声をかけ、約20秒間もの間、祝福のハグを交わした。激励も受けた様子の2人は再び涙していた。

 ツイッター上でも話題となった実際のシーンに、カナダ公共放送「CBC」のデビン・ハーロウ記者も注目。「もちろん日本が4強に進出し、カナダが敗退したときのジェニファー・ジョーンズによる行動だ。素晴らしい」と、14年ソチ五輪で金メダルを獲得しているジョーンズの行動を称賛した。

 またカナダ紙「ウィニペグ・フリー・プレス」のメリッサ・マーティン記者は「これはなんて美しい瞬間なんだ。特にフジサワはジョーンズのことを尊敬していると過去に言っていた。これぞカーリング、これぞスポーツ」とツイッターで脚光。世界カーリング連盟公式ツイッターも「私たちは泣いていないですよ」とこの場面を伝えていた。

 日本は今日18日に行われる準決勝で、平昌に続く2大会連続のメダルをかけてスイスと再戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集