[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

平野歩夢に大逆転負けの2位選手 “友情シーン”公開で海外感動「アユムも笑ってる」

11日の北京五輪スノーボード男子ハーフパイプ決勝では、23歳の平野歩夢(TOKIOインカラミ)が最終試技で大逆転し、日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。それまでトップにいた27歳のスコッティ・ジェームズ(オーストラリア)は銀メダルに。激闘から2日が経った13日、インスタグラムに平野とのグータッチ画像などを公開した。海外ファンから「アユムも笑ってる」「最高のスポーツマンシップ」と反響が集まっている。

スノーボード男子ハーフパイプで金メダルを獲得した平野歩夢【写真:AP】
スノーボード男子ハーフパイプで金メダルを獲得した平野歩夢【写真:AP】

北京五輪スノーボード男子ハーフパイプ

 11日の北京五輪スノーボード男子ハーフパイプ決勝では、23歳の平野歩夢(TOKIOインカラミ)が最終試技で大逆転し、日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。それまでトップにいた27歳のスコッティ・ジェームズ(オーストラリア)は銀メダルに。激闘から2日が経った13日、インスタグラムに平野とのグータッチ画像などを公開した。海外ファンから「アユムも笑ってる」「最高のスポーツマンシップ」と反響が集まっている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 戦い抜いた2人が拳をぶつけ合った。表彰台に乗ったメダリスト。テッペンの平野は隣を向き、相対しているのはジェームズだった。ともに手を差し、敬意を込めてグータッチ。視線を合わせ、笑みを浮かべている。競技中のものも含め、画像4枚を公開したジェームズは、文面に「自分の想い。なんてクレイジーな日だったんだ!」とつづった。

 友情を示したグータッチなどに対し、海外ファンからは「アユムも笑ってる」「最高のスポーツマンシップ」「素晴らしい大会だった」「驚異的だった」「次は金メダルだね」「誇りに思う」と感動した様子のコメントも。平野が最終3回目に高さ5.5メートルの「トリプルコーク1440」を決めるなど、完璧な試技を披露し、逆転で金メダルを獲得していた。

 ジェームズは15歳だった2010年バンクーバー五輪から4大会連続の出場。世界選手権、賞金大会「Xゲームズ」などで平野らとしのぎを削ってきた。平昌五輪の銅に続く2個目のメダルとなり、順位が決まった直後は平野とハグ。「彼(平野)の能力は知っていたし、ファンタスティックなランだったね」と平野を称賛した言葉が、海外メディアに報じられていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集