[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

沖縄でフィギュアスケートを愛する医学部生 たった1人で国立大学に部活を創設した理由

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

2018年に1人で部活を立ち上げた渡邉那津子さん【写真:琉球大フィギュアスケート部提供】
2018年に1人で部活を立ち上げた渡邉那津子さん【写真:琉球大フィギュアスケート部提供】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#67 連載「銀盤のささえびと」第6回・琉球大フィギュアスケート部

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

 連載「銀盤のささえびと」では、選手や大会をサポートする職人・関係者を取り上げ、彼らから見たフィギュアスケートの世界にスポットライトを当てる。今回は沖縄の「琉球大フィギュアスケート部」。医学部の渡邉那津子さんが2018年に創部。平均気温の高い沖縄だが、年中使えるスケート施設を使って練習に励んできた。部活動を立ち上げた経緯、フィギュア界に貢献したい思いなどを聞いた。(文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

 1年の平均気温が20度を超える沖縄本島。意外かもしれないが、2018年に創部され、通年活動している大学フィギュアスケート部がある。

「沖縄の人もスケートができる施設があることは知っているとは思いますが、それでも『フィギュアスケート部です』って言うと結構、驚かれます」

 こう話すのは、琉球大フィギュアスケート部を立ち上げた部長・渡邉那津子さん。医学部に通う4年生だ。同部は選手4名、サポート1名の計5名が在籍。那覇空港から車で約25分の場所にある「エナジックスポーツワールド・サザンヒル」を拠点としている。1年中スケートができる沖縄唯一の施設だ。

 選手は全員が県外出身。コーチ練習、自主練習など比率は選手のレベルによって違うが、渡邉さんは「コロナ前はほぼ毎日、午後6時から2時間くらい練習していた」と語る。

 フィギュアスケートには「バッジテスト」と呼ばれる試験があり、全日本選手権などに出場するトップクラスの選手は7級以上を取得している。アクセル、サルコーなど2回転ジャンプは6種類全てをこなせる渡邉さんは現在6級。大学1~2年でインカレ本戦に出場したほか、国体予選にも沖縄代表として出場経験がある。

 福岡出身の渡邉さんは、大学進学まで沖縄とは深い縁はなかった。なぜ、琉球大でフィギュア部を創設するに至ったのだろうか。

 バンクーバー五輪銀の浅田真央さんに憧れ、競技を始めたのは小学4年生の頃。高校まで福岡のクラブで活動していたが、在学中に目指していたバッジテスト6級の合格はならず。「やり残した感じがあった」と大学で合格を勝ち取りたいと考えた。

 一方で「絶対に必要な職業」といつしか医師への憧れも芽生えていた。通年オープンの施設に通える国公立大の医学部を目指したが、高3のセンター試験で得点が伸びず。希望が叶いそうな大学は限られていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集