[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

戦い抜いた銀の小林陵侑、空中姿勢に本場欧州メディア称賛「コバヤシ、動作の傑作だ」

北京五輪は12日、ノルディックスキー・ジャンプ男子の個人ラージヒル決勝が行われ、ノーマルヒル金メダルの25歳・小林陵侑(土屋ホーム)が292.8点で銀メダルを獲得した。ジャンプでは日本人初の五輪個人種目2冠はならなかったが、仲間と喜びを分かち合った。海外メディアは「動作の傑作だ」と称賛している。金メダルは1本目2位だったマリウス・リンビク(ノルウェー)、銅メダルはカール・ガイガー(ドイツ)。

ラージヒルで銀メダルを獲得し、セレモニーで笑顔を見せた小林陵侑【写真:AP】
ラージヒルで銀メダルを獲得し、セレモニーで笑顔を見せた小林陵侑【写真:AP】

男子個人ラージヒル決勝

 北京五輪は12日、ノルディックスキー・ジャンプ男子の個人ラージヒル決勝が行われ、ノーマルヒル金メダルの25歳・小林陵侑(土屋ホーム)が292.8点で銀メダルを獲得した。ジャンプでは日本人初の五輪個人種目2冠はならなかったが、仲間と喜びを分かち合った。海外メディアは「動作の傑作だ」と称賛している。金メダルは1本目2位だったマリウス・リンビク(ノルウェー)、銅メダルはカール・ガイガー(ドイツ)。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 小林は1本目に142.0メートルの最長不倒で147.0点をマーク。大ジャンプで着地直後に胸を叩いて絶叫した。2位に2.2点差の全体1位。「もう一本あるので集中したいです。自分の満足できるジャンプをしたい」と語り、2本目に向かった。2本目はヒルサイズ手前で着地。138.0メートル、145.8点で2位と発表されると、仲間と笑顔でグータッチを交わした。

 海外メディアも2つ目のメダルに続々ツイート。イタリアのスポーツメディア「スポーツフェイス」のロレンツォ・エルコリ記者は「コバヤシ、動作の傑作だ」と美しい空中姿勢をとった画像付きで称賛。駐日ノルウェー大使のインガ・マリーエ・ヴァイデマン・ニーハマル氏は「今日、スキージャンプでノルウェー人と日本人が大勝! おめでとう、ノルウェーのリンビク、そして銀メダル獲得のコバヤシ・リョウユウおめでとう」と祝福した。

 ジャンプの本場欧州メディアが称賛。一方、欧州衛星放送「ユーロスポーツ」は「マリウス・リンビクが2回目の巨大なジャンプで、絶好調の優勝候補だったリョウユウ・コバヤシに衝撃を与えた」と逆転勝ちも報じている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集