[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

平野歩夢の2本目、会場の米女性は「一体…」と言葉失う 独メディアも「ショックだ」

北京五輪スノーボード・ハーフパイプ男子で金メダルを獲得した平野歩夢(TOKIOインカラミ)。最終ランでの逆転勝利で脚光を浴びたが、大技「トリプルコーク1440」を決めるなどした2回目の採点の低さにも疑問の声が噴出していた。ドイツメディアも「ショックなこと」などと報じている。

平野歩夢の2回目の演技の点数に独メディアも疑問【写真:AP】
平野歩夢の2回目の演技の点数に独メディアも疑問【写真:AP】

北京五輪スノーボード・ハーフパイプ男子

 北京五輪スノーボード・ハーフパイプ男子で金メダルを獲得した平野歩夢(TOKIOインカラミ)。最終ランでの逆転勝利で脚光を浴びたが、大技「トリプルコーク1440」を決めるなどした2回目の採点の低さにも疑問の声が噴出していた。ドイツメディアも「ショックなこと」などと報じている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ドイツ一般紙「ディ・ツァイト」は、平野の2本目の演技を現地で見た米国チームの女性スタッフの様子を記事で伝えた。「女性スタッフは『私たちは今、歴史に立ち会っているのよ』とつぶやいた。ところが、ジャッジは91.75点しか与えず。ゴール付近ではブーイングも起きていた。先ほどの米国人女性は『一体どういうこと?』と言った」と信じられない様子だったという。

 同国の公共放送「ARD」も、競技をテキストによる実況速報で伝えていた。「とてつもない滑り! 日本のアユム・ヒラノが最高難度に挑んだ。尻もちも、バランスを崩すこともなく、スピードと高さ、スペクタクルを見せつけた!」と平野の2本目に興奮気味だった。

 しかし、得点が出ると「銀メダリストも喜んでいたが、すぐさまショックなことが起きる。91.75という驚くべき得点で、ジェームズの下に。本命は金メダルでは満足などできないはずだ」と伝えていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集