[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

平野歩夢も「怒り」沸いた2本目の低採点 本場の米記者も憤慨「は?最低95点でしょ」

北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)が96.00点を記録し、日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。超大技「トリプルコーク1440」にも五輪史上初めて成功。2回目を終えて2位だったが、最後に逆転で悲願の金を掴んだ。銀メダルはスコット・ジェームズ(オーストラリア)、銅メダルはヤン・シェレル(スイス)。

北京五輪スノーボード男子ハーフパイプ決勝で金メダルを獲得した平野歩夢【写真:AP】
北京五輪スノーボード男子ハーフパイプ決勝で金メダルを獲得した平野歩夢【写真:AP】

2本目はまさかの低得点、3本目に大逆転金メダル

 北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)が96.00点を記録し、日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。超大技「トリプルコーク1440」にも五輪史上初めて成功。2回目を終えて2位だったが、最後に逆転で悲願の金を掴んだ。銀メダルはスコット・ジェームズ(オーストラリア)、銅メダルはヤン・シェレル(スイス)。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 まさかのシーンは2回目だった。「トリプルコーク1440」をはじめ、1440を3度も入れる史上最高難度のルーティン。完璧に決めたように見えたが、点は予想外に伸びず91.75点。3本目で大逆転を演じたものの、競技後に平野は「点数は納得いっていなかったけど、怒りが自分の中でうまく表現できた」と振り返った。このシーンは海外でも大きな注目を浴び、ツイッター上で怒りのコメントがあふれた。

 2本目直後、五輪ニュースを扱う海外メディア「ラウンド・ザ・リング」のシドニー・バウアー記者は「笑った。なんでアユム・ヒラノが1位じゃないんだ?」、米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」のエマ・バクセレーリ記者も「アユム・ヒラノが1位でないことに論争を起こす準備はできているだろうか? 私は絶対できている」、米スポーツ専門局「ESPN」のケリー・コーエン記者は「は? アユム・ヒラノは最低95点でしょ? どういうこと?」「私はショックを受けています。どこに減点される要素があったの?」と憤慨の様子だった。

 冬季スポーツと縁の薄いブラジル放送局「ヘジ・グローボ」のコメンテーター、グーガ・チャクラ氏も「アユム・ヒラノの冬季五輪が盗まれた。NBCコメンテーターは荒々しく怒っている。彼は史上最高のパフォーマンス。感動ものだった」と指摘。米スポーツ専門局「ESPN」などに寄稿するジェシカ・ルーザー記者は「NBCの番組はあのランの後、98点近く出るだろうと言っていたが、91.75点だった」と中継の様子も伝えた。

 しかし、平野はそれを上回る試技を3本目で披露すると、こぞって称賛が展開された。バウアー記者は「ヒラノは本当に異次元だった。ゴールドに値する。それ以外の何物でもない」、バクセレーリ記者も「正義はヒラノに! 正しいことが証明された」、コーエン記者は「アユム! 正当な報酬を回収できた!」などの声が上がり、溜飲を下げた様子だった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集