[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

北京五輪の選手村食堂は「社交的な時間じゃない」 海外代表も思わず嘆いた設備とは

4日に開会式が行われる北京五輪。世界的にオミクロン株が蔓延し、出場選手が拠点とする選手村も厳しい感染対策が取られている。デンマークのカーリング代表チーム公式インスタグラムは食堂の様子を公開した。

北京五輪の選手村食堂、厳しい感染対策とは【写真:AP】
北京五輪の選手村食堂、厳しい感染対策とは【写真:AP】

厳しい感染対策が取られた食堂、テーブルの対面アクリル板は二重に

 4日に開会式が行われる北京五輪。世界的にオミクロン株が蔓延し、出場選手が拠点とする選手村も厳しい感染対策が取られている。デンマークのカーリング代表チーム公式インスタグラムは食堂の様子を公開した。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 掲載したのは1枚の写真。選手たちが食堂で食事をしているが、対面も隣同士もアクリル板が設置されている。そんな状況を「食事タイムは1日で最も社交的な時間ではありません」と表現。「向かい合っている人を見ることはできますが、話すことはできません。だから、隣の人と話すしかないのです」と記し、二重に置かれた対面のアクリル板に驚いているようだ。

 しかし、感染者を出さずに大会に出場するためにはやむを得ないこと。特別な状況下で行われる大会とあって、選手も我慢を強いられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集