[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア全米選手権、25歳マライア・ベル初Vで北京五輪当確 2位チェン、3位レヴィト

フィギュアスケートの全米選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、マライア・ベルが初優勝。3枠ある北京五輪代表を当確させた。2位にカレン・チェン、3位にイサボー・レヴィトが入った。

全米選手権、フリープログラムに出場したマライア・ベル【写真:AP】
全米選手権、フリープログラムに出場したマライア・ベル【写真:AP】

合計216.25点で初優勝、北京五輪は「3」

 フィギュアスケートの全米選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、マライア・ベルが初優勝。3枠ある北京五輪代表を当確させた。2位にカレン・チェン、3位にイサボー・レヴィトが入った。

 ショートプログラム(SP)首位だった25歳ベルはフリーで冒頭の3回転フリップー2回転トウループなどを決め、質の高い演技で140.70点をマークし、合計216.25点で優勝。過去3度表彰台に上がっていたが、初優勝でこちらも初となる五輪切符を当確させた。チェンは合計213.85点、レヴィトは210.75点。摂食障害などを乗り越え、SPで6位だったグレイシー・ゴールドは10位だった。

 なお、2020年大会女王で、前日のSP3位だった16歳アリサ・リウと、同14位アンバー・グレンが新型コロナウイルス陽性により、フリーを棄権していた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集