[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

競泳・大橋悠依が闘った「貧血」の体験談 今、SOSを出せない次世代のために贈る助言

競泳の世界選手権2大会連続メダリスト・大橋悠依(イトマン東進)が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、女性アスリートを悩ませる貧血について語った。自身も大学時代に重度の貧血を経験。当初は体調不良の原因がわからず、精神的にも苦悩を味わった。一般の女性に多いイメージだが、実はアスリートにも身近な貧血。東京五輪でメダル獲得を狙うトップスイマーが、選手自らSOSを出す大切さを説くとともに、指導者に個々の問題に応じた「見極め」を願った。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

19歳で経験した原因不明の体調不良、大橋悠依は「貧血」をどうやって克服したのか【写真:Getty Images】
19歳で経験した原因不明の体調不良、大橋悠依は「貧血」をどうやって克服したのか【写真:Getty Images】

女子選手に多い貧血、「どん底だった」25歳トップスイマーの体験と助言

 競泳の世界選手権2大会連続メダリスト・大橋悠依(イトマン東進)が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、女性アスリートを悩ませる貧血について語った。自身も大学時代に重度の貧血を経験。当初は体調不良の原因がわからず、精神的にも苦悩を味わった。一般の女性に多いイメージだが、実はアスリートにも身近な貧血。東京五輪でメダル獲得を狙うトップスイマーが、選手自らSOSを出す大切さを説くとともに、指導者に個々の問題に応じた「見極め」を願った。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

 何かおかしい。最初は、ただそれだけだった。

 大学1年、19歳の冬。いつも通り全力で泳いでも、自分が思っているようなスピードが出ない。タイムも遅かった。「それが1か月足らずで凄く酷くなっていった。自分でも何が起こっているのかよくわからなかった」。ちょっとした違和感から始まった大橋の異変。スタート直後なのに、200メートルを泳ぎ切ったかのようにしんどい。周囲の選手、コーチも「あれ? どうしたんだろう」と理由がわからなかった。

 大学2年となった2015年4月、女子200メートル個人メドレーで出場した日本選手権は40人中最下位に終わった。日本記録を更新し、世界の舞台で輝きを放つわずか2年前のことだ。

「自分も、周りの人たちも体の中に原因があるとは考えていなかった。体に原因があるのか、自分の泳ぎのせいなのか、メンタルのせいなのかよくわからない状態。自分が一生懸命やっていないんじゃないかと思うようになっていました」

 努力が足りないと思い込んだ。「やる気がないんじゃないか」「もうちょっと頑張れ」。周囲の励ましに応えようと必死になった。ところが、夏にかけて症状は重くなっていく。階段を少し上っただけで息が切れた。「ちょっとおかしいな」。はまっていく負の連鎖。次第に心にも影響が出てきた。

「相談する人もあまりいなくなってしまって孤独な感じ。本当にどん底だった」

 原因がわからないまま、半年以上を過ごした。重度の貧血と判明したのは9月のインカレ後。地元の滋賀に帰省し、ようやく病院で検査を受けてからだった。

「そこからいろんな人と話をして、貧血が原因だったと理解してもらった。その時はマネージャーさんなど、少なからずどんな時も助けてくれる人がいたのは凄く大きかったです。自分が一生懸命だったかどうかに原因があったんじゃなかったんだと思えたので、凄く安心して救われました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集