[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「男性の体と違うこと受け入れて」 実は女性に多い膝の怪我、サッカー永里亜紗乃の提言

W杯に出場するなど、日本代表として活躍した永里さん【写真:Getty Images】
W杯に出場するなど、日本代表として活躍した永里さん【写真:Getty Images】

「女性アスリートはもう少し自分の体を知って」

 永里さんは26歳で無理をやめたから、健康を保ち、充実した今がある。「引退した後の人生の方が長い」と言う大人たちのセリフは正しいのかもしれない。でも、私は中学で、高校で競技を辞める。そんな選手が「一生怪我が残ってもいいから、この一瞬に全てを懸けたい」と訴えてきたらどうするのか。

【特集】「タブーなしで考える女性アスリートのニューノーマル」 THE ANSWER的「国際女性ウィーク」特設サイトはこちら

 正解の見えない難題。永里さんは一瞬だけ間をおいた。「一人ひとりに合ったトレーニングを」と説くからこそ、本気で向き合った意見だった。

「先のことを考えずに今を判断してはいけないと思います。でも、80年くらいの人生を考えた時、それでも今が一番大事だと判断したのであれば、その瞬間に全てを懸けた方がいい。それなら後悔なく痛みと向き合える。『ただ、代償はデカいぞ』って言う必要もあります。だから、周りの大人は隠さないでしっかり全てを教えてあげる。このまま続けたらどうなる可能性が高いか。その上で最後に自分で判断してもらうのが大事だと思います」

 もし、その選手が自分の娘だったらどうしますか。意地悪な質問にも、親目線となった永里さんの考えは変わらない。

「思う存分やりなさいって言いますね。究極、いつ死ぬかなんてわからないじゃないですか。だったら、もう後悔ないように。ただ、『こうなるかもよ』というのはしっかり言ってあげたい」

 アスリートに怪我はつきものだと言われる。だが、苦しい日々が少ないに越したことはない。今もなお膝の痛みと付き合い続ける永里さんは、幅広い世代の女性アスリートたちに“ちょっとした発信”を願った。

「女性は男性より下に見られがちな時もありますよね。なぜ、それがなくならないのか。どうしたらもっとしっかり一人のアスリートとして見てもらえるのか。それを考えた時、女性アスリートはもう少し自分の体を知って、男性と違うということを受け入れて、しっかり自分で発信していかない限りは、周りの見る目も変わらないんじゃないかなと思います。

 女性の体はこうだ、女性にはいろんな問題があるんだ、ということを発信していかないと、サポートしてくれる人も、どういう問題がこの選手に起きているのかわからないと思います。言われたことは一生懸命やるけど、言われないとやれない人がまだまだ多い。女性アスリート側も“言われ待ち”ではなく、逆にトレーナーに質問するとか、この動きを改善したいとか、もっと自分から発信してトレーニングを変えていけるような女性アスリートになっていってほしい」

 強い意思の込められた元日本代表の言葉を聞くと、少し大きな要求にも感じるが、別に問題提起や一石を投じることを求めているわけじゃない。周囲の大人も良い距離感、信頼関係を築いていく努力が必要。一方、プロや中高生など競技レベルに関わらず、選手自身も「この練習は何のために?」とちょっとした疑問を言えるようになってほしいだけだ。

「普段の会話でもう少しフランクに聞けることが大事かなって。自分が正しい、間違っているとかではなく、まず一つ一つに疑問を持つ。それを質問で伝える。それって競技レベルは関係ないですよね。『この雰囲気が普通だよ』となってくれれば、トレーナーも互いにレベルアップできそう。だから、まず疑問を持つところからです」

 まずは自分から。今を生きる女性アスリートの一歩が、未来を作る。

【「膝の怪我」について語った永里亜紗乃さんが未来に望む「女性アスリートのニューノーマル」】

「競技生活の時間はある程度決まっていると思うので、何歳くらいまでやるのか、なんとなくでいいから考えておいた方がいいと思います。出産したくなった時、何歳まで現役を続けるのか想像していなければ、『いつ産むの?』とタイミングがどんどんわからなくなっていく。それでアスリートは高齢出産の人が多いと思うんですね。現役の途中で産むという選択も、もっともっと増えてもいい。そういう選択ができるよう、イメージでいいので何歳くらいまで競技をやって、これくらいに出産できたらいいなと。なんとなく想像して日々を過ごしていった方が、もう少しスムーズにいくと思います」

■永里亜紗乃 / Asano Nagasato

 1989年1月24日、神奈川県厚木市生まれ。ポジションはFW。兄・源気、姉・優季もサッカー選手。各年代で日本代表を経験し、2007年にユースから日テレ・ベレーザに昇格。12年なでしこリーグカップでは6試合4得点でMVPを獲得し、優勝に貢献。リーグでは18試合19得点でベストイレブンと敢闘賞を受賞。13年からドイツ・ブンデスリーガ1部の1.FFCトゥルビネ・ポツダムへ移籍。15年カナダW杯のエクアドル戦では姉妹同時出場。日本代表では通算11試合で1得点。16年4月に引退し、現在は解説などで活動している。

(「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」最終日は「女性アスリートと性的画像問題」、競泳の伊藤華英さんが登場)

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集