[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2か月で12kg太ったリバウンドボディに奮起 ダンサー蓬生美沙がビキニ部門で初優勝

“夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」の最終予選が12日、埼玉・三郷市文化会館大ホールで開催され、各部門で筋肉美が競われた。ビキニモデル部門トールクラス(161センチ以上)は蓬生美沙が初優勝。昨年の大会から12キロのリバウンドを経験するも、元同僚と励まし合って栄冠を掴んだ。減量の苦労やトレーニングを始めたきっかけを聞いた。

ビキニモデル部門トールクラス(161センチ以上)で初優勝した蓬生美沙【写真:中戸川知世】
ビキニモデル部門トールクラス(161センチ以上)で初優勝した蓬生美沙【写真:中戸川知世】

サマー・スタイル・アワード最終予選

“夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」の最終予選が12日、埼玉・三郷市文化会館大ホールで開催され、各部門で筋肉美が競われた。ビキニモデル部門トールクラス(161センチ以上)は蓬生美沙が初優勝。昨年の大会から12キロのリバウンドを経験するも、元同僚と励まし合って栄冠を掴んだ。減量の苦労やトレーニングを始めたきっかけを聞いた。

 ◇ ◇ ◇

――優勝おめでとうございます。感想をお聞かせください。

「ありがとうございます。1回ご飯が食べたいです(笑)」

――減量もかなりしたのでは。

「そうですね。実はリバウンドしちゃって。前回の大会が終わってから、去年の12月から2か月ぐらいで気づいたら12キロ太っていました。そこからまた頑張って11キロぐらい減らしました。今年はきつかったです」

――もともとトレーニングを始めたのはいつ頃からか。

「5年ぐらい前、22歳のときに始めました。ダイエット目的でパーソナルジムに通っていました。その後、ジムでトレーナーとして働き始めて、そこで一緒だった村上瑚子さん(ベティ部門に出場)にいろいろ教えてもらって、去年一緒に大会に出ましょうという話になりました。今は別々のジムで働いているのですが、今年も一緒に出場しました」

――トレーナーを始めたきっかけは。

「ダンスをずっとやっていて、今もインストラクターとして働いています。ライブのバックダンサーもやっていて。ただ、コロナ禍でダンスの仕事が制限されてしまったので、やりたいことをもう1つやってみようと思ったのがきっかけです」

――大会出場は昨年が初めてだったのか。

「そうです。11月に同じくサマー・スタイル・アワードに。その前には筋肉祭にも出ました。今年は2週間前の筋肉祭に出たのが最初です。本当は9月の横浜大会に出たかったんですが、想像以上に体重が……12キロは過酷すぎて延期しました」

――特につらかったことは。

「体重が落ちないときですね。食事制限しているのに、こんなに動いてもこんなに落ちないか、というときが一番メンタルがやばかったです」

――どうやって乗り越えたのか。

「村上さんが一緒にいてくれたおかげです」

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集