[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

食べ過ぎは“なかったこと”にできる 「食事30分後」が狙い目な食後のトレーニング法

忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。今回は「脂肪細胞を大きくさせない食後のトレーニング」について。今回からは中野トレーナーが実演するトレーニング動画付き。一緒に実践し、脂肪を減らしましょう!

今回のテーマは「脂肪細胞を大きくさせない食後のトレーニング」について
今回のテーマは「脂肪細胞を大きくさせない食後のトレーニング」について

連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」

 忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。今回は「脂肪細胞を大きくさせない食後のトレーニング」について。今回からは中野トレーナーが実演するトレーニング動画付き。一緒に実践し、脂肪を減らしましょう!

 ◇ ◇ ◇

「自分が太った原因は、単純に食べ過ぎてしまったから」。多くの方がそう考え、元の体型に戻すために、あるいは痩せるために、食べる量を減らしたり、食事を抜いたりという行動に出ます。

 もしもあなたが、茶碗1杯、2杯が適量なところを、毎日、どんぶりで2、3杯食べてしまう、というのであれば明らかに食べ過ぎです。確かに食べる量を調整する必要があります。

 しかし、「間食にケーキ1個のつもりが、その後、クッキーも食べてしまった」「チャーハンやパスタをつい大盛りにしてしまう」程度であれば、「食べ過ぎた」といっても大した量ではありません。実はストレスの大きい食事制限などしなくても、「過ぎた量」を「なかったこと」にできるのです。

 その仕組みを簡単に説明しましょう。私たちの体は食事をすると血糖値が上がり、インスリンというホルモンが分泌されます。血液中の糖は肝臓、筋肉、脂肪に分配されますが、どこに糖を送り込むか? の指令を出すのが、このインスリンです。

 つまり、インスリンが「糖を脂肪細胞に送りなさい」という指令を出さなければ、脂肪細胞は大きくなりません。

 とはいえ、残念ながら私たちは自分の意思で、インスリンの指令する内容を変えることはできません。でも、抜け道が一つあります。糖を脂肪細胞に優先して送らないよう、仕向けることができるのです。

1 2 3

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球・福原愛、バドミントン・藤井瑞希らの現役時代を支えたほか、プロランナー神野大地、トランポリン競技選手など、多くのトップアスリートから信頼を集める。2014年以降、青山学院大駅伝チームのフィジカル強化指導を担当。東京・神楽坂に自身が技術責任者を務める会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB100」がある。主な著書に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集