[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • トレーニング
  • 筋肉は「ロープ」 切れないための“たわみ”を生む効果的なケア方法とは?

筋肉は「ロープ」 切れないための“たわみ”を生む効果的なケア方法とは?

筋肉の強化にトレーニングが不可欠なのは言わずもがな。しかし、そのアプローチを間違えれば、筋肉は悲鳴を上げ、肉離れを起こしてしまうリスクもある。フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏が、スポーツトレーニングの舞台裏を語る定期連載。今回はスポーツをする上で大きな役割を果たす「脚の効果的なケア方法」について、卓球の福原愛やバドミントンの藤井瑞希など日本を代表するアスリートの個人指導経験を持つ同氏に訊いた。

太ももの前の筋肉は強くなる傾向、対する裏側のハムストリングは硬く、弱くなりがち

 筋肉の強化にトレーニングが不可欠なのは言わずもがな。しかし、そのアプローチを間違えれば、筋肉は悲鳴を上げ、肉離れを起こしてしまうリスクもある。フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏が、スポーツトレーニングの舞台裏を語る定期連載。今回はスポーツをする上で大きな役割を果たす「脚の効果的なケア方法」について、卓球の福原愛やバドミントンの藤井瑞希など日本を代表するアスリートの個人指導経験を持つ同氏に訊いた。

◇ ◇ ◇

 野球、サッカー、陸上、柔道、水泳、フィギュアスケート…。世界には様々なスポーツがありますが、脚を使わないスポーツはほとんどありません。

 筋肉の力は面積と比例します。つまり、「強い力が出る=大きな筋肉」。人間の体では下半身の筋肉、とりわけお尻と太ももの筋肉は大きい。人の体を運ぶ役目を担っているのですから、それも当然です。

 脚の持つパワーは強大です。例えば、男性が手で押してもビクともしないタンスも、両脚で押せば女性でも動かせます。それだけのパワーがあるのですから、よりダイナミックに、力強く動ける力を磨けば、当然スポーツのパフォーマンスもレベルアップします。

 一方、より大きく、より強く動かすイメージでアクションを起こしたとき、肉離れを起こしやすいのも脚と太ももです。

 特に、日本人の体の特徴として大腿四頭筋のほうをよく使うため、太ももの前の筋肉が強くなる傾向にあります。対して、裏側のハムストリングは使われにくく、硬く、弱くなりがちです。

1 2 3

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビュー、健康・ダイエット・トレーニング・ヨガを軸に雑誌、WEBでの執筆や、ムック、単行本を企画・制作。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー