[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

多田修平、バトンミスから一夜明け胸中吐露「感情が入り混じっている」「次こそ輝く」

東京五輪は6日、陸上男子400メートルリレー決勝が行われた。多田修平(住友電工)、山縣亮太(セイコー)、桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)の順で臨んだ日本は、まさかの途中棄権となった。1走で出場した多田は、一夜明けてSNSを更新。バトンパスをミスしたことを振り返り「期待に応えれず本当に悔しいですが、次こそは、必ず輝きます」などと記した。

多田修平【写真:Getty Images】
多田修平【写真:Getty Images】

東京五輪・陸上男子400メートルリレー決勝は途中棄権

 東京五輪は6日、陸上男子400メートルリレー決勝が行われた。多田修平(住友電工)、山縣亮太(セイコー)、桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)の順で臨んだ日本は、まさかの途中棄権となった。1走で出場した多田は、一夜明けてSNSを更新。バトンパスをミスしたことを振り返り「期待に応えれず本当に悔しいですが、次こそは、必ず輝きます」などと記した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 思わぬ形で、決勝を終えた。大外9レーンで1走を務めた多田。スタートから良い走りを見せていたが、2走の山縣へのバトンパスが上手くいかず。持ったバトンは繋がらぬまま、途中棄権となってしまった。多田はトラック上でしゃがみこみ、悔しがった。

 一夜明け、多田はツイッターを更新した。選手村で撮った写真とともに長文をつづった画像を公開。こう記している。

「選手の皆さんやスタッフの皆さんとともにOne teamとして東京オリンピックに向けやってきました。結果は、攻めたバトンではありましたが、僕の区間でバトンミスとなってしまい途中棄権になってしまいました。

 一日が経ち様々な感情が入り混じっていますが、ここまでサポートして下さった選手、スタッフの皆さんへ本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 また力になる沢山の応援、コロナ禍でオリンピックを開催して頂きありがとうございました。期待に応えれず本当に悔しいですが、次こそは、必ず輝きます。引き続き見守って頂けると嬉しいです」

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集