[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

秩父宮が驚いた“世界最強フッカー”の妙技 子供たちに贈る、ジャッカルの3つのコツ

国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)の第2節が18日、各地で行われた。秩父宮ラグビー場では、NTTコム(昨季5位)がサントリー(昨季2位)に10-22で敗れ、今季初黒星を喫した。敗れはしたものの、ワールドカップ(W杯)日本大会で優勝した南アフリカ代表HOマルコム・マークスが強烈な「ジャッカル」を披露。寒空の下、詰めかけたファンを沸かせた。

NTTコムのマルコム・マークス【写真:荒川祐史】
NTTコムのマルコム・マークス【写真:荒川祐史】

W杯優勝に貢献した南ア代表HOマークス、今季からNTTコムでプレー

 国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)の第2節が18日、各地で行われた。秩父宮ラグビー場では、NTTコム(昨季5位)がサントリー(昨季2位)に10-22で敗れ、今季初黒星を喫した。敗れはしたものの、ワールドカップ(W杯)日本大会で優勝した南アフリカ代表HOマルコム・マークスが強烈な「ジャッカル」を披露。寒空の下、詰めかけたファンを沸かせた。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 W杯覇者のフィジカルを見せつけた。マークスは前半2分、敵陣で倒れ込んだ相手に対して覆いかぶさるようにボールにコンタクトすると、3人を相手にしながらも後ろに倒れ込んで奪取。身長189センチ、体重112キロを誇る“世界最強フッカー”が見せつけた見事な「ジャッカル」に、詰めかけた1万5826人のファンが度肝を抜かれた。試合後は「スコアボードを見ればサントリーが強いチームなのは一目瞭然だと思う」と話したが、強豪相手に圧倒的なパワーを示した。

 昨年のW杯では、南アフリカを3度目の優勝に導いた。日本代表NO8姫野和樹で話題となった「ジャッカル」を得意とする。倒れた相手のボールを奪う、または相手の反則を誘うのに有効なプレーとされるが、マークスはそれ以外にも大きな意味があると語る。「ジャッカルでボールをスティールしに行くが、いつも取れるわけじゃない。最低でもしっかりと球出しを遅れさせて、自分たちのディフェンスラインがセットする、その数秒の時間を稼ぐ意味でもボールに対して働きかける意識を持っている」。自軍の守備陣形を整えるためにも、体を張り続けているのだ。

 W杯後もラグビー熱は衰えることを知らない。興味を持つ子供たちも増えている。子供に「ジャッカル」のコツを伝えるとすれば――。そんな問いに、マークスは真摯に答えた。「まず、しっかりと自分がジャッカルに行くラックを選ぶこと。毎回ブレイクダウンに行くとうまくいかないときがあるので、ターンオーバーを勝ち取るためにしっかりと強い姿勢をボールに働きかけている時に保つこと。そして、敵がクリーンアウトしに来るということをしっかりと知っておくこと」。力強いプレーが繰り出せるのも、この3つの基本があってこそなのだろう。

 チームは2試合を終えて1勝1敗。世界一に輝いた男も、TLはハイレベルと考えるようだ。「どのチームがどんな力を持っているかはまだ分かりづらいが、すべての試合がタフな試合になると思う。どの相手もかなり手強いだろう」。日本で見られる、世界最強HOの本気のプレーをこの目にしっかり焼き付けたい。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集