[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「初めての光景だった」 熱狂のトップリーグ開幕、W杯戦士たちは何を感じたのか

国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。各地で会場は満員となり、8試合合計で延べ11万6737人が詰めかけ、昨年の8万3719人を3万3018人上回った。ワールドカップ(W杯)日本大会のブームをそのままに幕を開けたトップリーグ。首都圏で戦った代表戦士たちも、かつてない熱気を感じていた。

東芝ーサントリー戦には2万1564人の観客が集まった【写真:奥井隆史】
東芝ーサントリー戦には2万1564人の観客が集まった【写真:奥井隆史】

延べ11万6737人が盛り上がった開幕戦、リーチらが語った喜びと未来への課題

 国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。各地で会場は満員となり、8試合合計で延べ11万6737人が詰めかけ、昨年の8万3719人を3万3018人上回った。ワールドカップ(W杯)日本大会のブームをそのままに幕を開けたトップリーグ。首都圏で戦った代表戦士たちも、かつてない熱気を感じていた。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

「僕はトップリーグに来て9年目。初めての光景だった。W杯が決まって10年かけてファンを増やそうとしてきた。今回、増やせたことを嬉しく思う」

 こう感慨を込めて語ったのは、東芝のリーチ・マイケルだった。第1試合でNTTコム―日野、第2試合で東芝―サントリー戦が行われた秩父宮には開門前から1000人を超える長蛇の列ができ、先頭の観客は早朝5時から並んだ。会場は2試合合わせて3万8636人の大観衆。リーチがボールを持つたびにお馴染みの「リーチ」コールがこだました。

 試合は26-19で東芝が勝ったが、負けたサントリーのW杯戦士も特別な感情があった。W杯でスターとなった松島幸太朗は「寒い中、来てくれたお客さんには凄く感謝している。こういう中でプレーできるのは選手として幸せ。引き続き選手たちはレベルの高いプレーをして皆さんの期待に応えていきたい」と思いを述べた。

「本日は寒い中、ありがとうございました。こんなに満員のスタジアムで府中ダービーができて誇りに思う」と律儀に頭を下げた流大は「凄くウォーミングアップの時から名前を呼んでもらえるし、試合中の声も大きい。満員の中でのプレーは選手にとって凄くプレーに繋がる」と言い、さらに続けた。

「僕たち選手にはエキサイティングなラグビーをしていくことが大事になる。レベルの高い試合を続けていくこと。トップリーガーにとってこういう試合をしていくことが大事。素晴らしい観客の下でやらせてもらって嬉しい」

 場所を北西に移した熊谷ラグビー場にもファンが詰めかけた。W杯日本代表6選手を擁するパナソニックとクボタの一戦。試合前から最寄りの熊谷駅にはタクシー、シャトルバスを待つ長蛇の列ができ、4キロ近い道のりを歩いていくファンの姿も多くみられた。そんな中で繰り広げられた一戦はパナソニックが34-11で快勝した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集