[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

W杯日本人の善行が世界に波及 驚き隠せない海外メディア「カメラのためにではない!」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)の開幕戦を観戦した日本人サポーターの善行が、各国のメディアに報じられている。試合後の客席でゴミ拾いしていたことを海外インフルエンサーが紹介。地元メディアが「日本人ファンに感謝する声や尊敬の気持ちが集まる」などと伝えていたが、「カメラのためじゃない!」「善意の輪を広める」と称賛の報道はさらに増えている。

W杯開幕戦後に多くの日本人サポーターがゴミ拾いしていたことが話題に【写真:Getty Images】
W杯開幕戦後に多くの日本人サポーターがゴミ拾いしていたことが話題に【写真:Getty Images】

開幕戦の日本人サポーターが話題に

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)の開幕戦を観戦した日本人サポーターの善行が、各国のメディアに報じられている。試合後の客席でゴミ拾いしていたことを海外インフルエンサーが紹介。地元メディアが「日本人ファンに感謝する声や尊敬の気持ちが集まる」などと伝えていたが、「カメラのためじゃない!」「善意の輪を広める」と称賛の報道はさらに増えている。

 今大会でも日本人サポーターの善行が世界で報じられた。発端となったのは、バーレーンのYouTuberという男性がTikTokに投稿した動画だった。20日に行われたカタール―エクアドルの開幕戦後、多くの観客が去った客席で日本のユニホームを着たサポーターがビニール袋を持ち、足元に散らばったボトルなどのゴミを集めていく。それも1人、2人ではなく、あらゆる場所で多くのサポーターが行っている。カメラを回すYouTuberの男性は、信じられないといったリアクションで驚きの声を上げていた。

 大会のたびに話題になるゴミ拾い。自国とは関係ない試合でも行ったことで、カタール地元メディア「ザ・ペニンシュラ・カタール」は「この動画が拡散されると、日本人ファンに感謝する声や尊敬の気持ちがつづられたコメントが集まっている」などと報道。善行は他国にまで波及した。

 英紙「デイリーメール」は「日本のファンが自国の関係しない試合で片づけをして、カタールを驚かせた」「2018年のロシアW杯でも同様の振舞いを見せて、同じような反響を集めていた」と前回大会でも話題となったことと併せて紹介。米紙「ニューヨークポスト」も「日本のファンが開幕戦のゴミを拾う」との見出しで「日本人ファンが善意の輪を広める。自国がプレーしない試合の後に清掃をしたのである」と驚きを隠せない様子だった。

 W杯に出場していない国でも注目された。ケニア紙「ザ・スタンダード」は「カメラのためにやっているんじゃない! 日本のファンがカタールのスタジアムを綺麗にし、サッカーファンに衝撃を与えている」と、心からの清掃活動だったことを称賛。インド放送局「NDTV」までも「心優しい人々は、一列ごとに歩いて回り、ペットボトルなど拾って、来た時と同じくらい綺麗な状態にして去った」と伝えていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集