[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小さい頃に体操をさせると運動神経が良くなるって本当でしょうか?(保護者)

質問者 幼稚園児の保護者

 幼稚園児の息子に何かスポーツを習わせようと考えています。本人は野球に興味があるようですが、小さい頃に体操をすると運動神経が良くなると聞いて悩んでいます。それは本当でしょうか?

回答者 中野ジェームズ修一氏(フィジカルトレーナー)

 5~11歳の子どもは、動作習得に長けた時期です。この時期、様々な動作を見たり、挑戦したりすると、誰から教えられることがなくても、それらの動作を習得していきます。

 体操には鉄棒やマット、跳び箱など多種多様な種目があり、しかも動きの種類も非常にバリエーションに飛んでいます。ですから、スポーツ特有の動作がよく身につく運動の一つといえます。

 また、また骨が柔らかい年齢なので、一部分だけに負担がかかりすぎる動作は、発達への影響やケガの原因になる懸念があります。ですから、興味のある野球はもちろん、体操、水泳など、いろいろなスポーツを経験させてあげるといいですよ。

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集