[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平SS賞を特別ムービーで称賛 米識者は首位打者7度の名手と比較「彼は46本も…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、ア・リーグの指名打者部門で「シルバースラッガー賞」を受賞したことが発表された。米放送局「MLBネットワーク」は、受賞を伝えるオリジナルムービーを公開。歴史的シーズンで残した驚異的数字を紹介しつつ、かつて首位打者7度に輝いた名手以上と称賛している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

MLBネットワークがSS賞受賞を称賛するムービーを公開

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、ア・リーグの指名打者部門で「シルバースラッガー賞」を受賞したことが発表された。米放送局「MLBネットワーク」は、受賞を伝えるオリジナルムービーを公開。歴史的シーズンで残した驚異的数字を紹介しつつ、かつて首位打者7度に輝いた名手以上と称賛している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 オリジナル映像は、シルバーに輝くバットと大谷の画像が登場してスタート。風格を漂わせた数々の本塁打映像を紹介しつつ、46本塁打、8三塁打、26盗塁など今季残したすさまじい数字の数々を伝えている。映像が終わり、スタジオでホストが「この歴史的なシーズンについて今季ずっと話していた気がします」と語ると、識者の1人がこう称賛を送った。

「言うことが全く尽きませんでしたね。まるでバスケでスタッツシートを埋めつくすような感じだった。アシスト、リバウンド、得点みたいな風に。彼はスタッツシートの全てを埋めました。彼はア・リーグの三塁打数、申告敬遠数でトップでした。ア・リーグでそれをやるのはロッド・カルーだけですよ。しかもロッド・カルーは46本も本塁打を打ちません。彼ができないことなどありません」

 ロッド・カルーは1967年にメジャーデビューした殿堂入りの内野手。首位打者には7度も輝いた好打者だ。打率.388でMVPを獲得した1977年に16三塁打、15敬遠でリーグトップとなっているが、本塁打は14本。打率は劣るものの、大谷が並外れていることが映像では伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集