[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、全身「誰にも染まらない白」統一で首位浮上「やべーミスもほぼなく安定」

女子ゴルフの国内ツアー「樋口久子・三菱電機レディス」第2ラウンド(R)が30日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。3位で出た渋野日向子(サントリー)は、4連続を含む6バーディー、2ボギーの68で回り、通算7アンダーでペ・ソンウ(韓国)と並んで首位に立った。ツアー史上3人目の3週連続優勝を狙う古江彩佳(富士通)は、通算2アンダーで5位につけた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

通算7アンダーで首位に浮上した渋野日向子【写真:Getty Images】
通算7アンダーで首位に浮上した渋野日向子【写真:Getty Images】

国内ツアー「樋口久子・三菱電機レディス」第2ラウンド

 女子ゴルフの国内ツアー「樋口久子・三菱電機レディス」第2ラウンド(R)が30日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。3位で出た渋野日向子(サントリー)は、4連続を含む6バーディー、2ボギーの68で回り、通算7アンダーでペ・ソンウ(韓国)と並んで首位に立った。ツアー史上3人目の3週連続優勝を狙う古江彩佳(富士通)は、通算2アンダーで5位につけた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 前週予選落ちした渋野が、堂々の首位に立った。4連続を含む6バーディー。ショットは切れ、パットのタッチも取り戻した。2019年11月の「大王製紙エリエールレディス」で“予選落ち後の翌週に優勝”を果たしているが、渋野は「その時よりも手応えがあります」と言った。

「1週間で調子を戻せたというのは、自分の修正点を分かっているということですが、前よりもゴルフ脳が良くなったと思います。いろんなことを考えて、対応できるようになりました」

 確かに2年前は「攻め一辺倒」で勝ち切った印象もある。しかし、今の渋野はショットやパットに入る前に、複数の状況を想定している。例えば左から6ヤードにピンが切られた9番パー5だが、グリーンの形状を頭に入れた上でピンを狙っていた。

「あそこはピンの右に行っても、ボールが返ってくる感じですし、左にいったとしても上りでパットが打てます。それを考えると、まあ、ギリギリのところにボールを止められた感じですね」

 狙い通り、渋野はピン左下3メートルにボールをつけて4連続バーディーを決め、この時点で単独首位に立った。そして、後半もショットは切れて、12番パー3では第1打を2バウンドでピンに当てた。前日の8番パー3に続く“ホールインワン未遂”だが、昨年大会を含めてホールインワンした5試合は全て予選落ち。ジンクスは、やはり避けたかったという。

「『ピンの方にボールが行きよるな~』と、ボーッと球の行方を見ていたら、直角に曲がったので『当たったか』と思いました。やっぱり、入らなくてよかったです(笑)」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集