[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、ベンチから声援 10戦ぶりコート登場も、チームは2020年初勝利お預け

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は3日(日本時間4日)の本拠地トレイルブレイザーズ戦を鼠径部の打撲により9戦連続で欠場。しかし負傷後初めてチームに同行し、ベンチから試合を見守った。前の試合に出場したものの、再び負傷したエースのブラッドリー・ビールを欠いた一戦で、ウィザーズはカーメロ・アンソニーやデイミアン・リラード擁する相手に103-122で敗戦。2020年初勝利とはならなかった。

レフェリーに手を上げてしまったアイザイア・トーマス【写真:AP】
レフェリーに手を上げてしまったアイザイア・トーマス【写真:AP】

約3週間ぶりに姿を見せるも、声援及ばず

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は3日(日本時間4日)の本拠地トレイルブレイザーズ戦を鼠径部の打撲により9戦連続で欠場。しかし負傷後初めてチームに同行し、ベンチから試合を見守った。前の試合に出場したものの、再び負傷したエースのブラッドリー・ビールを欠いた一戦で、ウィザーズはカーメロ・アンソニーやデイミアン・リラード擁する相手に103-122で敗戦。2020年初勝利とはならなかった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 負傷後は自宅療養していた八村が、チームに戻ってきた。12月16日(日本時間17日)以来約3週間ぶりに、黒いパンツに黒いジャケット姿でコートに現れた黄金ルーキー。久々にホームのファンに姿を見せ、試合前にはチームメイトと談笑する姿もあった。

 試合は第1クォーター(Q)からアクシデントが発生。ウィザーズは開始1分30秒もたたないうちに、アイザイア・トーマスがレフェリーに手を上げたとして退場処分に。早くも中心選手を一人失った。それでも代わりにコートに立ったイシュ・スミスがチームを牽引。第1Qだけで10得点を決め、4点リードで第2Qへと突入した。

 トレイルブレイザーズのカーメロ・アンソニーがボールを持つたびに歓声が上がる。レブロン・ジェームズとともに長年リーグを引っ張ってきた名手は、サイズを活かしたポストアップからのフェイダウェイショットなどで得点し、会場を沸かせた。

 一方、ウィザーズは12月30日のヒート戦同様ギャリソン・マシューズが活躍。5本中4本の3Pを沈めるなど、前半だけで13得点。しかし、デイミアン・リラードに第2Qだけで13得点を決められ、リードを守れずに58-66と逆転を許した。

 ウィザーズは第3Qに入り失速。オフェンスでシュートが入らず20点に抑えられると、反対にCJ・マッカラムを止められず、リードを13点に広げられた。試合中には、八村は同じくベナン人の父親を持つイアン・マヒンミの隣に座り、ウィザーズが得点を決めると立ち上がって拍手をするなど、チームを鼓舞する姿も見られた。しかし、声援も及ばず2020年初勝利はお預けとなった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集